2017年01月03日

2016 SAF(SBS)演技大賞


2016 SAF演技大賞12月31日、サンアム・プリズムタワーを会場にして授賞式が開催された。
総合司会を務めたのは、イ・フィジエ、ミナ、チャン・グンソクの三人。この中でイ・フィジェだけが俳優ではなく、司会専門の咄家である。そんな彼が今度の式典では、職業マナーを逸脱して目に余る司会ぶりであった。人を小ばかにしたような品のない話し方に気分が悪くなった。本人は面白くするためだと弁解したが、だからと言って何でもありではあるまい。
SBSは、ニュースター賞という新人賞によって毎年、10人の若い新進俳優を世に送り出している。新人たちにより多くのチャンスを提供する唯一の放送局である。
今回の大賞に選ばれたのは、映画俳優のハン・ソッキュ。「根の深い木」以来二度目の大賞を手にした。大物映画俳優がテレビ・ドラマに出演すれば、ほとんどの場合大賞に選ばれるようである。「馬医」のチョ・スンウの場合も同じである。より多く彼らにテレビ出演してもらうための苦肉の策なのか。

受賞者と作品

大賞 ハン・ソッキュ(浪漫ドクター キム・サブ)

韓流スター賞 イ・ジュンギ(月の恋人 歩歩惊心・麗)


最優秀演技賞
長編ドラマ
男子 チャン・グンソク(大撲=テバク)
女子 キム・ヘスク(そう、そんなものだ)

ロマンチック・コメディ
男子 ナムグン・ミン(美女コン・シミ)、チョ・ジョンソク(嫉妬の化身)
女子 コン・ヒョジン(嫉妬の化身)

ジャンル・ファンタジードラマ
男子 キム・レウォン(ドクターズ)、イ・ミンホ(青い海の伝説)
女子 パク・シネ(ドクターズ)

優秀演技賞
長編ドラマ
男子 ヨ・ジング(大撲)
女子 キム・ジヨン(愛が来ます)

ロマンチック・コメディ
男子 カン・ミニョク(タンタラ)
女子 ミナ(美女コン・シミ)

ジャンル・ドラマ
男子 ユ・スンホ(リメンバー・息子の戦争)、ユ・ヨンソク(浪漫ドクター キム・サブ)
女子 ソ・ヒョンジン(浪漫ドクター キム・サブ)

ファンタジー・ドラマ
男子 カン・ハヌル(月の恋人 歩歩惊心・麗)
女子 オ・ヨンソ(帰っておいでよ、おじさん)

特別演技賞
長編ドラマ
男子 ソン・ジェリム(うちのカプスニ)
女子 キム・ソウン(うちのカプスニ)

ロマンチック・コメディ
男子 オン・ジュワン(美女コン・シミ)
女子 ソ・ジヘ(嫉妬の化身)

ジャンル・ドラマ
男子 パク・ソンウン(リメンバー・息子の戦争)
女子 チョン・ヒョソン(ウォンテッド・指名手配犯)

ファンタジー・ドラマ
男子 ソン・ドンイル(青い海の伝説)
女子 ソ・ヒョン(月の恋人 歩歩惊心・麗)

功労賞 チャン・ヨン(俳優)

ベスト・カップル賞
ユ・ヨンソク + ソ・ヒョンジン(浪漫ドクター キム・サブ)
イ・ジュンギ + イ・ジウン(アイユ)(月の恋人 歩歩惊心・麗)
イ・ミンホ + チョン・ジヒョン(青い海の伝説)

ニュースター賞
コ・ギョンピョ(嫉妬の化身)、キム・ミンソク(ドクターズ)
キム・ミンジェ(浪漫ドクター キム・サブ)、クワク・シヤン(終わりから二番目の愛)
ペク・ヒョン(月の恋人 歩歩惊心・麗)
ヘリ(タンタラ)、ヤン・ジンソン(私の婿の女)、ムン・ジイン(ドクターズ)
チョン・ヘイン(そう、そんなものだ)、ミナ(美女コン・シミ)

注: 「タンタラ」とは、芸能界で働く人々のこと。少し見下してそう呼ぶ。

十大スター賞
キム・ソンニョン(ミセス・コップ2)、パク・シネ(ドクターズ)
ソ・ヒョンジン(浪漫ドクター キム・サブ)、チョン・ジヒョン(青い海の伝説)
ナムグン・ミン(美女コン・シミ、リメンバー・息子の戦争)、イ・ミンホ(青い海の伝説)
イ・ジュンギ(月の恋人 歩歩惊心・麗)、チャン・グンソク(大撲)
チョ・ジョンソク(嫉妬の化身)、ハン・ソッキュ(浪漫ドクター キム・サブ)
posted by rekishinootoshimono at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 KBS演技大賞


2016 KBS演技大賞12月31日、KBSホールにて授賞式が開催された。総合司会はチョン・ヒョンム、キム・ジウォン、パク・ポゴムの三人が担当した。キム・ジウォンとパク・ポゴムは、この年にドラマで活躍し、人気を博した俳優である。
今回の演技大賞は30周年を迎え、過去の受賞者たちを称え、彼らを末永く記憶に留めようとのメッセージを発していた。中でも大賞を三度も受賞したコ・ドゥシムとチェ・スジョンが舞台に登場し、授賞式の開幕を宣した。
人気ドラマ「太陽の末裔」と「雲が描いた月の光」のOSTを柔らかく伸びのある歌唱力で歌い上げた歌手のコミが舞台に登場して美声を披露した。
大賞を共同受賞したソン・ソンペアの間になぜか隙間風か吹いているようで、ぎこちない雰囲気が感じられた。
毎年そうであるが、他の放送局に比べて広い年齢層の多彩な俳優たちの出席により、場がより華やいでいるようである。



受賞者と作品

大賞 ソン・ヘギョ、ソン・ジュンギ(太陽の末裔)

最優秀賞
男子 パク・シニャン(隣近所の弁護士チョ・ドゥルホ)、パク・ポゴム(雲が描いた月の光)
女子 キム・ハヌル(空港へ行く道)

優秀賞
長編ドラマ
男子 アン・ジェウク(子供が五人)、イ・ドンゴン(月桂樹洋服店の紳士たち)
女子 ソ・ユジン(子供が五人)、チョ・ユニ(月桂樹洋服店の紳士たち)

毎日連続ドラマ
男子 オ・ミンソク(女の秘密)
女子 ソ・イヒョン(女の秘密)、イ・ユリ(天上の約束)

ミニシリーズ
男子 イ・サンユン(空港へ行く道)
女子 キム・ジウォン(太陽の末裔)

中編ドラマ
男子 ソン・イルグク(蒋英実)
女子 キム・ユジョン(雲が描いた月の光)

作家賞 キム・ウンスク、キム・ウォンソク(太陽の末裔)

新人賞
男子 ソン・フン(子供が五人)、チン・ヨン(雲が描いた月の光)
女子 キム・ジウォン(太陽の末裔)、イ・セヨン(月桂樹洋服店の紳士たち)

助演賞
男子 イ・ジュニョク(雲が描いた月の光)
女子 ラ・ミラン(月桂樹洋服店の紳士たち)

連作・単幕ドラマ賞
男子 キム・ソンオ(ペッキが帰ってきた)、イ・ドンフィ(赤い先生)
女子 カン・イェウォン(ペッキが帰ってきた)、チョ・ヨジョン(ベイビーシッター)

青少年演技賞
男子 チョン・ユンソク(子供が五人、蒋英実、雲が描いた月の光)
女子 ホ・ジョンウン(雲が描いた月の光、隣近所の弁護士チョ・ドゥルホ)

アジア最高のカップル賞 ソン・ジュンギ + ソン・ヘギョ(太陽の末裔)

ネッティズン賞 パク・ポゴム(雲が描いた月の光)

ベスト・カップル賞
キム・ハヌル + イ・サンユン(空港へ行く道)
オ・ジホ + ホ・ジョンウン(オー・マイ・クムビ)
ソン・ジュンギ + ソン・ヘギョ(太陽の末裔)
チャ・インピョ + ラ・ミラン(月桂樹洋服店の紳士たち)
ヒョン・ウー + イ・セヨン(月桂樹洋服店の紳士たち)
パク・ポゴム + キム・ユジョン(雲が描いた月の光)
チン・グー + キム・ジウォン(太陽の末裔)
posted by rekishinootoshimono at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2016 MBC 演技大賞


2016 MBC演技大賞12月30日、MBCの公開ホールで開催され、総合司会をキム・グクチンとユイが務めた。
今度の大賞は、視聴者の投票で選ばれた。結果的に「W」の当たり年で、大賞と今年のドラマ賞を始めとする7冠王に輝いた。

「W」は、現実と漫画の両世界の中で主人公たちが出会い、事件が起きるスリリングな展開のドラマで、日本での公開が待たれる。イ・ジョンソクの大賞受賞は、他に該当者がいなかったがために、人気度の高いドラマに対する評価が主人公に反映された相対的な結果と思われる。

授賞式に久しぶりに姿を見せたイ・ソジンは、もうオジサン族の立派な一員となっていた。急激な世代交代が進む韓国芸能界の厳しい現実がある。


受賞者と作品

大賞 イ・ジョンソク(Wダブリュー)

今年のドラマ賞 Wダブリュー

最優秀演技賞
特別企画部門 男子 イ・ソジン(契約結婚)  女子 ユイ(契約結婚)
連続劇部門 男子 イ・サンウ(家和万事成)  女子 キム・ソヨン(家和万事成)
ミニシリーズ部門 男子 イ・ジョンソク(W)  女子 ハン・ヒョジュ(W)

優秀演技賞
特別企画部門 男子 ソ・ハジュン(獄中花)  女子 チン・セヨン(獄中花)
連続劇部門 男子 ソン・ホジュン(吹け美風よ) 女子 イム・ジヨン(吹け美風よ)
ミニシリーズ部門
男子 ソ・イングク(ショッピング王ルイ) 女子 イ・ソンギョン(重量挙げの妖精キム・ボクチュ)

黄金演技賞
特別企画部門 男子 チョン・ジュノ(獄中花) 女子 イ・フィヒャン(結婚契約)
連続劇部門 男子 イ・ピルモ(家和万事成) 女子 キム・ジホ(家和万事成)
ミニシリーズ部門 男子 キム・ウィソン(W) 女子 イム・セミ(ショッピング王ルイ)

今年の作家賞 ソン・ジェジョン(W)

子役賞
男子 ク・ゴンミン(ウォーキング・ママ育児パパ) 女子 チョン・ダビン(獄中花)

新人賞
男子 ナム・ジュヒョク(重量挙げの妖精キム・ボクチュ)、リュ・ジュニョル(運勢ロマンス)
女子 ナム・ジヒョン(ショッピング王ルイ)、チョ・ボア(モンスター)

ベスト・カップル賞  イ・ジョンソク + ハン・ヒョジュ(W)

事前授賞
声優賞  チェ・スジン(外国映画などの吹き替え)

posted by rekishinootoshimono at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする