2017年07月29日

王は愛する


王は愛する7月17日からMBCが放送する新作歴史ドラマ。高麗後期モンゴルの干渉期を時代背景に第26代忠宣王を主人公にしたヒュージョン・ロマンス時代劇。

あらすじ

王願(ワン・ウォン=後の忠宣王)は高麗の改革を夢見る世子で、父の忠烈王とその側近の宦官や名門貴族などの既得権勢力と対立する。高麗第一の富豪であり、王室につながるウン・ヨンベクの一人娘であるウン・サンを愛するようになるが、王族で最愛の友であるワン・リンが彼女と親しくなると、二人に対する愛情が背信感に変わり、次第にヤンデレ化していく。その後、自分が愛した女性に似ているとの理由で酒に酔った勢いで強姦した女性を自分の妃に迎え、二人の王子に恵まれるが、子供に対する愛情もなく、父王との葛藤の記憶から息子たちにも疑念を抱き、気に入らない長男の世子を平然と殺してしまう。

主人公のワン・ウォンをイム・シワン、ワン・リンをホン・ジョンヒョン、ウン・サンをユナが演じる。演出はキム・サンヒョプ、脚本は「大王四神記」や「ヒーラー」を書いた実力派のソン・ジナが原作となるキム・イリョンの同名小説をドラマ化した。

出演者たち

イム・シワン  王願(ワン・ウォン=後の第26代忠宣王。高麗初の混血王)

ホン・ジョンヒョン  ワン・リン(守司空ワン・ヨンの三男坊。剛直な品性と愛の情熱を持つ王族。孤独な世子ワン・ウオンの身辺を世話してきた心の友でもある)

ユナ  ウン・サン(高麗一の大富豪ウン・ヨンベクの一人娘。母親の落命事件以後、召使の身分を騙り、山奥の師匠の下で修業中である)

チョン・ボソク  忠烈王(ワン・ウォンの父王。息子を警戒する。高麗王で初めてモンゴル人の王妃を迎えた人物)

チャン・ヨンナム  王妃・元成公主(ワン・ウォンの生母で、クビライ皇帝の娘。高麗に初めて嫁いできたモンゴル人王妃)

キム・ホジン  ワン・ヨン(ワン・リンの父親で、高麗第一序列の王族・守司空)

イ・ギヨン  ウン・ヨンベク(ウン・サンの父親。高麗一の富豪で、高麗の財貨を管掌する有力商人。一人娘のサンを何よりも大事に思う)

キム・ビョンチュン  チェ・セヨン(王妃の宦官で、忠臣なのか奸臣なのか分からない人物)

キム・ジェウン  フラタイ(王妃の護衛武士。王妃に付いて元から高麗にやってきた。王妃の忠実な臣下)

オム・ヒョソプ  イ・スンヒュ(童顔居士と呼ばれる高麗の大学者であり、ウン・サンの師匠)

パク・チヒョン  ピヨン(ウン・サンとは姉妹のように育った侍女。サンを助けようとして顔に大きな傷を負い、サンの服を着て身代わりを務めている)

高麗とモンゴル帝国

武臣政権期、中国大陸では宋が滅亡し、モンゴル帝国のクビライが元を建国し、皇帝に就いた。クビライは高麗に七回にわたって侵攻し、武臣政権は反モンゴルを掲げて強硬に徹底抗戦した。その頃、武臣政権を倒し、王権を回復しようと考えた高麗国王は、モンゴル帝国に服従する道を選び、モンゴルの力を借りて武臣政権を倒すことに成功した。これを機に高麗に対するモンゴルの干渉と要求は、過酷なまでに増大した。国王に就いた忠烈王は、自国の負担を軽減してもらうために、モンゴル皇帝の娘婿になる選択をした。クビライの姫君が忠烈王に従って高麗に入り、王妃になった。二人の間に生まれた混血王子がワン・ウォンで、後に高麗初めての混血王忠宣王となる。この当時、日本でもそうであったが、他民族特に蛮族との混血は人々の蔑みの的となった。それが国王になる人物となれば、なおさらのことであった。高麗純血の国王擁立を企む勢力が忠烈王の周辺にはびこり、王と世子が仲違いするように仕組んだ。王と王子がお互いに不信感を抱き、警戒し合うという歪んだ親子関係といつも孤独であったことが後のワン・ウォンの人格形成に影響した。
忠烈王以降のモンゴルから王妃を迎え、モンゴルに服従した高麗王に対して、モンゴル皇帝は「忠」のつく諡号を与えた。忠烈王、忠宣王、忠粛王、忠恵王、忠穆王、忠定王と続いたが、反モンゴルを掲げた恭愍王からは、王妃がモンゴル皇室出身であっても、諡号に忠が付くことはなかった。モンゴル帝国が中国からモンゴルの平原に退却したからである。

忠宣王・王願(ワン・ウォン)(1275-1325)

忠烈王とクビライの娘との間に生まれた嫡出の王子で、クビライの外孫にあたる。父王と高麗女性の間に生まれた庶出の兄がいたが、三歳の時、その兄を差し置いてすでに世子に冊封されていた。彼の後ろには常に大国モンゴル帝国が控えていた。モンゴルの不興を買った忠烈王が王願への譲位を強制されたが、すぐに復位すると、王願は元に逃れた。父王の死去を受けて帰国し、再び王位に就いた王願は、高麗には長居せず、元に生活の場を移した。国王が留守の高麗では、王の帰国を請願する動きがあったが、王願は息子に譲位し、完全に元に永住した。晩年の王願は、元の政治に絡んで功績をあげる一方で、政敵の謀略によりチベットに流されたりした。配流を解かれた後、元に戻り、享年50歳で客死した。

王願は、モンゴル皇室の女性を王妃に迎えたが、その四年前から婚姻関係にあった高麗人の趙妃を寵愛していた。王妃は趙妃に嫉妬するあまり、謀略により趙妃を元に送ってしまう。その後の趙妃の行方は杳として知れずであった。記録も墓も不明である。

貢女と宦官

モンゴル帝国が高麗に要求したことから始まった人間献上品の制度である。王族や貴族の子女たちを対象に選抜された。彼らは中国宮中の給仕や侍女として働かされた。そんな中、才覚のある貢女は皇帝の目に留まり、後宮や妃嬪に取り立てられる場合もあった。奇皇后(キ・ファンフ)がその代表例である。男子の場合、宦官にされるが、皇帝の側近として権力を振るう者も現れた。だが、ほとんどは惨めな境遇のまま異郷で生涯を終えた。
高麗の王族や貴族たちは女の子が生まれると誰にも知られないように隠した。本ドラマのウン・サンも貢女に選抜されるのを避けて、侍女として育てられる。
皇帝側近の宦官になった男子の場合、大国にではなく、送り出した側の祖国に対して冷酷になる者もいた。
人間献上品の制度は、モンゴル帝国、明、清の時代まで続いた。
posted by rekishinootoshimono at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

七日の王妃


7日の王妃KBSが5月31日から放送開始した歴史ドラマ。「宮廷女官チャングム」の王様であった中宗の青年期を珍しく取り上げた作品である。彼の最初の夫人となるシン・チェギョンこと後の端敬王后愼氏との出会いからその後の婚姻を経てクーデタによる王妃廃位に至るまでの波乱万丈のラブ・ストーリーを描く。そこへ彼の腹違いの兄、国王の燕山君がかかわってくる。

七日の意味

燕山君をクーデタで倒した朴元宗(パク・ウォンジョン)一派に擁立された晋城大君(チンソンテグン)こと李懌(イ・ヨク)は第11代中宗となる。王権派の左議政愼守勤(シン・スグン)の娘で王妃になった愼氏の存在に将来の脅威を覚えた朴元宗らは、中宗に愼氏の廃妃を迫った。王は王妃の廃位を許可し、愼氏は実家の私邸に戻され、軟禁の身となった。クーデタから廃妃が決まるまでの七日間だけ王妃であった愼氏は、朝鮮時代の歴史上最も短い在位期間の王妃となった。七日というのは1506年9月18日から25日までの期間を指す。その後、廃妃愼氏は、71歳で死去するまで寂しく軟禁生活を送ったとされる。

チマ(韓服のスカート)岩の伝説

中宗と廃妃愼氏は仲睦まじい夫婦であった。結婚生活7年間、二人には子供が生まれなかった。廃妃となり実家に戻された愼氏のことを中宗は忘れられず、懐かしい時は宮殿の楼閣に上り、愼氏の実家の方角を眺めたという。その話を伝え聞いた愼氏は、自分がかつて王宮で着ていた薄紅のチマを裏の岩山にかけて、中宗の目に入るようにした、と野史は伝える。

愼氏の廃妃と中宗

朴元宗一派の脅しにより中宗が王妃を泣く泣く追放したという件は、記録によれば、中宗の意思が働き決定したようである。中宗は王妃の廃位に対して特に躊躇したり、反対を示さなかったらしい。むしろクーデタ直後の9月9日、王妃が王宮を離れると、翌日の10日、すでに新しい王妃の冊封を許可したという。
多くの歴史家たちが、愼氏は一日たりとも王妃であったことはなく、追尊王妃に過ぎないと意見している。王妃になるには冊封式を挙げなければならないが、彼女はクーデタ当日、強制的に中宗と離別させられている。七日という期間は、彼女が王妃であった時間ではなく、中宗が愼氏を追放させまいと踏ん張った期間と見るべきだとする。

ドラマの中における中宗に対する様々な評価

中宗は、先王の嫡子ではあるが、正統な手続きを踏んで王位に就いた人ではなかった。クーデタに成功した臣下たちにより擁立され、自分の兄を蹴落として得た王座であった。そのため、コンプレックスが強く、いつまた臣下の反乱で王座から引きずり降ろされるとも限らない。そんな不安からもストレスが積り、屈折した思いで地位にしがみついていた。心変りが激しく、卑怯で、小心者という評価が大方の見方である。「チャングム」ではかなり美化されていたようである。SBSの「師任堂・光の日記」では、煮ても焼いても食えない程ずる賢い悪人として描かれていた。

演出  イ・ジョンソプ(製パン王キム・タック、ヒーラー、町の弁護士チョ・ドゥルホ等のPD)
脚本  チェ・ジニョン

登場人物

パク・ミニョン  シン・チェギョン(後の端敬王后愼氏)

ヨン・ウジン  晋城大君・李懌(後の中宗)

イ・ドンゴン  第十代燕山君

チャン・ヒョンソン  愼守勤(シン・スグン) (シン・チェギョンの父親で、燕山君夫人の兄。左議政を務め、恥ずかしくない生き方に努めていた王の忠臣であり、一家の頼もしい家長)
 
カン・シニル  任士洪(イム・サホン) (燕山君の最側近臣下。王の暴政が自身の富貴栄華に比例していることをいち早く気付いた最高の奸臣)

ソン・ウンソ  張緑水(チャン・ノクス) (優れた神気を備え、夢判断や予言に通じた燕山君の後宮。任士洪と協力して燕山君が強力な王になることを手助けする)

ソン・ジイン  愼妃(燕山君の妻で朝鮮の国母。シン・チェギョンの伯母)

キム・ジョンヨン  権氏(愼守勤の妻で、シン・チェギョンの母親)

ト・ジウォン  慈順大妃(晋城大君の生母。息子のためならどんなことでもする女性)

ファン・チャンソン  賤民ソ・ノ(晋城大君とシン・チェギョンとは子供の時から知る間柄。政治よりは義理を、頭よりは心を信じる、晋城大君の真の友)

コ・ボギョル  ユン・ミョンヘ(勲旧大臣朴元宗の姪。晋城大君を国王にするために全力を尽くす)

パク・ウォンサン  朴元宗(吾衛部副総官。先王成宗の最側近を務めた関係で、慈順大妃と親密な関係を維持している)
posted by rekishinootoshimono at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

猟奇的な彼女


猟奇的な彼女5月29日から始まっているSBSの歴史ドラマというより時代劇である。以前、チョン・ジヒョンとチャ・テヒョンが主演してセンセーションを巻き起こした同名映画をテレビの時代劇としてリメイクしたもの。

あらすじ

都で一番性格がぎすぎすした男性のキョン・ウと朝鮮王室の問題多き彼女ことヘミョン王女が繰り広げる予測不能ロマンスを描く。キョン・ウは、清国に留学したことのあるエリート若手官僚で、王女は、幼少期に王宮から追放された母親の王妃を亡くした悲しい過去を持つ。そんな二人が王宮で出会い、様々な事件に遭遇していく。

青瓦台スキャンダルの余波

韓国の三大地上波テレビが今、一斉に時代劇を放送している。MBCの「君主・仮面の主人」、SBSの「猟奇的な彼女」、KBSの「7日の王妃」である。すべて王子、王女、王妃ら王室の人物たちが主人公で、一様に悪玉の重臣たちによって命を狙われたり、圧力を受けるという内容である。どうも朴槿恵前大統領とその取り巻きによる国政の私物化事件のあおりを受けたためと思われる。王もしくは大統領などの最高権力者に取りつき、次第に権力を掠め取っていく取り巻き連中または重臣たちをリアルに描いている。ドラマでは、横取りされた権力を取り戻すために主人公たちは戦う。

時代の特定

主人公のヘミョン王女をオ・ヨンソ、エリート青年のキョン・ウをチュ・ウォンが演じる。登場人物たちは皆架空であるため、舞台となる時代を特定することは出来ないが、清国風のインテリアや清国の文物から英祖(トンイの息子)の頃と思われる。本屋さんが市中に一般化し、風俗本の出版、物書きを生業とする作家が登場することもその時代を裏付けている。
重臣たちから攻撃されるヘミョン王女は、さしずめ思悼世子(サドセジャ)の女性版と考えられる。ヘミョン王女の父王、ヒィ宗(フィジョン)は、老論の重臣たちの言いなりになった英祖に相当し、国王に圧迫を加えた重臣たちは老論の官僚たちと重なる。

演出  オ・ジンソク
脚本  ユン・ヒョジェ

登場人物

チュ・ウォン  キョン・ウ(キョヌ) (清国留学帰りの若手エリートで、国王の命で王子の教育係に任命される。破天荒なヘミョン王女と出会い、トラブルに巻き込まれるが、王女の真の姿を見抜き、やがて王女に同情するようになる)

オ・ヨンソ  ヘミョン王女(重臣たちの企みで廃位された王妃の娘であるため、重臣たちから絶えず攻撃の対象とされる。彼女の破天荒な行動もこの暗い過去の記憶による。苦境に立たされた彼女を助けるのはキョン・ウであった)

イ・ジョンシン  カン・ジュニョン(監察部の従事官で、剣の使い手。ヘミョン王女に忠誠を誓う)

キム・ユネ  チョン・ダヨン(朝廷の最高実権者である左議政チョン・ギジュンの一人娘。父親に似て野望に沸き立つ欲望の化身。一目惚れしたキョン・ウを手に入れるため、王女を亡き者にしようと企む)

ソン・チャンミン  フィ宗(ヘミョン王女の父王。本来の王権を行使して善政を行いたいが、重臣たちの圧力に屈して思うままに出来ない。しかし、王女のことに関しては、重臣たちから彼女を守ろうとする父親である)

ユン・セア  王妃朴氏(元女官の出身であるが、ヘミョンの母親である王妃に濡れ衣を着せて廃位に追い込ませる。継妃になると、ヘミョン王女とその弟を除去し、自分の子を次の王にと画策する。左議政チョン・ギジュンと手を組み、王に圧力をかけるよう仕組む)

ユン・ソジョン  チャヘ太后(ヘミョン王女の祖母)

チェ・ノウン  元子(王の長男。ヘミョンとは両親を同じくする弟)

リュ・ダム  ヨンシン(ヘミョン王女を子供の時から世話してきた宦官)

テミ  ピョリ(ヘミョン王女の女護衛武士で、剣の使い手)

イ・ギョンファ  廃妃韓氏(ヘミョン王女の生母で、元王妃。陰謀に巻き込まれて廃位となる。死んだとされたが、生死不明である)

チョ・ヒボン  キョン・ピルヒョン(キョン・ウの父親で、大堤学の地位にある)

チャン・ヨンナム  許氏(キョン・ウの母親)

チョン・ダビン  キョン・ヒ(キョン・ウの妹。時流に流されやすく、権力におもねる性格)

チョン・ウンイン  チョン・ギジュン(朝廷の最高実権者である左議政。前王妃を廃位に追い込んだ張本人。何かと王に圧力をかけ、自分の思い通りに操る)

キム・ミンジュン(特別出演)  チュソン大君(チョン・ギジュンの企みに謀られ、前王妃と共に謀反人にされる)
posted by rekishinootoshimono at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

君主・仮面の主人


君主・仮面の主人5月10日から始まった全編20話のMBC新作歴史ドラマ。
主人公の王世子・イ・ソン(李愃)を演じるのは、ユ・スンホ。かつて名子役として視聴者に強い印象を残した少年が美男子のまま大人の俳優に成長した。「悲しい恋歌」、「太王四神記」、「不滅の李舜臣」などで主人公の子供時代を演じた姿が昨日のようである。子役俳優が大人になっても俳優で残れた珍しいケースである。ヒロインのハン・ガウンを演じるキム・ソヒョンも子役から出発し、主人公を演じるまでに成長した俳優である。

今回悪玉の辺首会・大木を演じるホ・ジュノは、「朱蒙」以来10年ぶりの時代劇出演となる。

ドラマのあらすじ

1700年代の朝鮮に実在した朝鮮全国の水を私有し、巨大な富と権力を得た組織、辺首会と真っ向から戦う王世子イ・ソンの正義の死闘と愛を描いた政治とメロが組み合わさったハイブリッド・ファクション史劇。民のために英雄になる王世子イ・ソンと父親を斬首した王世子に復讐しようとして愛してしまうハン・ガウンの爽やかなロマンスと共に権力を取り戻すための暗闘が繰り広げられる。

王世子イ・ソン(李愃)

時代と名前から思悼世子(サドセジャ)と思われる。正祖の父親である。父王英祖と政治的に合わなかったために米櫃に閉じ込められ、餓死した悲劇の王子。ドラマの中では、父王が自分のために秘密結社に殺される。

辺首会(ピョンスヘ)

元々は、朝鮮王朝以前から存在した建築技術の責任者たちの秘密結社組織で、朝鮮王朝建国を契機に強力な裏側勢力として成長し、代々王室の狩猟犬のような役割を果たした。
辺首というのは、工匠の頭のこと。ドラマの中では、水を所有し、支配する組織として描かれる。当時のソウルの水は市内を流れる清渓川から汲み取られていた。この川の周辺には乾期にも水が枯れない泉が数か所あり、そのそれぞれに所有者がおり、徹底的に管理していた。民たちは水を買い、その値段は所有者の意向で高下していた。ドラマの主人公イ・ソンは、水を所有し、牛耳る勢力との「水の戦争」を繰り広げる。
朝鮮時代、水の管理を任されていたのは揚水庁という役所であった。

清渓川(チョンゲチョン)

漢江水系に属する小さな河川で、ソウル市内を流れる。漢城(現ソウル)住民たちの生活水をもたらしていた。日本支配下、河川管理計画で暗渠になったが、設備の老朽化に伴い、最近、イ・ミンバク大統領の一声で元の開渠に戻され、市民の憩いの場に改造されている。

演出: ノ・ドチョル
脚本: パク・ヘジン、チョン・ヘリ

出演者たち

ユ・スンホ: 王世子イ・ソン(李愃) (生まれてすぐに父王の命で仮面をかぶせられた。青年に成長し、何の異常もないのになぜ自分が仮面を着けなければならないのかと自問する。その理由を知る人物に会うため宮殿を抜け出すが、その過程で民の本当の生活を知り、水を我が物にする辺首会の横暴を目撃する。仮面をかぶることになった理由、父王の暗殺が辺首会総帥大木(テモク)によるものであることを知り、国王まで支配する政界の黒幕組織との戦いに挑むことになる)

キム・ソヒョン: ハン・ガウン(漢城府武官の娘。学問に通じ、しっかり者である。王世子に一目惚れするが、父親を殺したとして王世子に復讐心を抱く。しかし、恋心は深まるばかり。父親の死の真相を知るに及び、王世子と共に辺首会と戦うことになる)

エル(キム・ミョンス): 賤民イ・ソン(偽の王世子にされる。本物の王世子の友として役割を果たす)

ユン・ソヒ: キム・ファグン(辺首会大木の孫娘。祖父の信頼が厚い。宮殿で偶然王世子を見かけ、一目惚れするが、片思いである。王世子への思いと祖父大木との間で揺れ動く)

ホ・ジュノ: 大木(テモク)(辺首会の総帥。国王を後ろで操る強大な権力を有する人物。王室の忠犬であった辺首会を王権の上に立つ組織に育てた張本人。最愛の孫娘に翻弄されることになる)

パク・チョルミン: ウボ(前成均館司成を務めた学者。ハン・ガウン、賤民イ・ソンを教え子に持ち、王世子の師匠となる。言動が変人であるが、人々から尊敬されている。教え方が独特である。王世子が仮面をかぶることになった理由を知る唯一の人物)

キム・ソンギョン: 王妃(王世子の嫡母。辺首会と通じているが、内心では彼らを軽視している)

チェ・ジナ: 暎嬪李氏(王世子の生母)

キム・ミョンス: 国王(王世子イ・ソンの父。トンイの息子、英祖と思われる。王子の一人であったが、辺首会に入会することで、組織の力で王位に就けた。英祖も老論の組織力で王になれた。辺首会から脱却し、名君になることを望んだが、息子にその希望を託すしかなかった。辺首会に王世子の顔を知られないようにと仮面をかぶせる。辺首会に楯突いたために抹殺される)

チョン・ノミン: ハン・ギュホ(ハン・ガウンの父親で、漢城府の武官であった。辺首会が操る王世子と名乗る者の命令で斬首される)
posted by rekishinootoshimono at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

第53回百想芸術大賞


トケビ=鬼今回の授賞式は5月3日、これまでの会場であった慶煕大学平和の殿堂ではなく、大型コンベンションセンターCOEX(コーエクス)のDホールにて開催された。テレビと映画の両部門で授賞を行うことを特徴にしている。総合司会は、シン・ドンヨプから交代したパク・チュンフンとスジが務めた。スジは昨年に次ぐ二度目。放送はJTBCが行った。

テレビ部門では昨年に続いて今年もケーブルテレビ局tvNのドラマが大賞や作品賞などの重要な賞をほとんど独り占めした。大賞はコン・ユ主演の「トケビ=鬼」であった。映画部門の大賞には「お嬢さん」が選ばれた。

アガシ今回の受賞者たちのスピーチは、いつもより若干耳障り、目障りな感があった。お世話になった個人の名を次から次へと延々と列挙するのである。ほとんどが一様に名前を挙げて感謝しなければ、後で仕事がもらえないからではないかと疑わせる。中には手短ではあるが、見事なスピーチを披露する受賞者がいたのがせめてもの慰めであった。受賞スピーチについての考え方を改める必要がある。上手でなくても聞く者の心を爽やかにしてくれる、短いあいさつが望まれる。

数々の韓国ドラマに母親役として出演し、強い印象を残した女優のキン・ヨンエが少し前の4月9日、すい臓がんのために死去した。享年66歳。遺作となった「月桂樹洋服店の紳士たち」の撮影中に癌が再発し、放送終了後間もなく病院で息を引き取った。最近の歴史ドラマでは、あくの強い王妃や皇太后役が印象的であり、「黄真伊」では妓生楼の頭領を名演したことが記憶に新しい。彼女の多年にわたる功績を称えて功労賞が授与された。息子のイ・ミヌが母親に代わってトロフィーを受け取った。

授賞式の結果

テレビ部門

大賞  キム・ウンスク(tvN「トケビ=鬼」の作家)

ドラマ作品賞  「ディア・マイ・フレンズ」(tv N)

最優秀演技賞
男子  コン・ユ(tvN「トケビ=鬼」)
女子  ソ・ヒョンジン(tvN「また! オ・ヘヨン」)

演出賞  ユ・インシク(SBS「浪漫ドクターキム・サブ」)

バラエティ賞
男子  ヤン・セヒョン(「ヤン・セヒョンのショッタビュー」)
女子  パク・ナレ(「私一人生きる」)

教養作品賞  舌戦(JTBC)
バラエティ作品賞  憎らしいうちの子供(SBS)

インスタイル・ベストスタイル賞  キム・ハヌル(空港に行く道)

脚本賞  ノ・ヒギョン(tvN「ディア・マイ・フレンズ」)

新人演技賞
男子  キム・ミンソク(ドクターズ)
女子  イ・セヨン(月桂樹洋服店の紳士たち)

スター・センチュリ人気賞
男子  バク・ポゴム(雲が描いた月の光)
女子  キム・ユジョン(雲が描いた月の光)

映画部門

故キム・ヨンエ大賞  パク・チャヌク(「お嬢さん」の監督)

作品賞  「哭聲」

最優秀演技賞
男子  ソン・ガンホ(密偵)
女子  ソン・イェジン(徳恵翁主)

監督賞  キム・ジウン(密偵)

助演賞
男子  キム・ウィソン(釜山行き)
女子  キム・ソジン(ザ・キング)

新人監督賞  ヨン・サンホ(釜山行き)

シナリオ賞  ユン・ガウン(私たち)

新人演技賞
男子  リュ・ジュニョル(ザ・キング)
女子  イ・サンヒ(恋愛談)

スター・センチュリ人気賞
男子  ト・ギョンス(兄)
女子  ユナ(共助)

功労賞  故キム・ヨンエ(写真下)
posted by rekishinootoshimono at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

逆賊・百姓を盗んだ盗賊


逆賊・百姓を盗んだ盗賊1月30日からMBCでスタートした30話連続の歴史ドラマ。ホ・ギュンの代表小説「洪吉童伝」のモデルとなった実在の洪吉同(ホン・ギルトン)を実話に近い形で描いた作品である。小説の中でのように高級官僚の庶子ではなく、代々奴婢出身の父親の次男坊であった。幼少期から生まれながらの力士(力の強い人)であった。当時、子供の力士は「ちびっ子大将」と呼ばれたが、奴婢の子供の場合、その能力が見つかると、後日の災いになるとして主人によって葬り去られた。洪吉同の父親も息子の非凡な能力が人に知られないように隠し続けた。だが、事件が起きてしまい、洪吉同の家族を不幸が襲う。
実際の洪吉同は、15世紀の暴君・燕山君の時代に活動した盗賊団の首領であった。彼とその一味は、その盗賊活動が人々の心を慰労したため義賊とみなされるようになった。
ドラマの中の洪吉同は、小説のように縮地法や分身の術、乗雲法などの道教術を使用しないが、怪力の持ち主であった。
今回洪吉同を演じるのは、「六龍が飛び立つ」で若き日のムヒュルに扮してブレークしたユン・ギュンサン。父親のアムゲをキム・サンジュンが演じる。アムゲというのは、某(それがし)という意味で、所有主がふざけて付けた名前であった。
洪吉同の前に立ちはだかる稀代の暴君燕山君をキム・ジソク、国王の側室淑容張氏こと、チャン・ノクスをイ・ハニが演じる。チャン・ノクスは朝鮮時代の三大悪女の一人と呼ばれる人物。ドラマの中では、燕山君より前に洪吉同と出会っていたという設定になっている。

演出  キム・ジンマン、チン・チャンギュ
脚本  ファン・ジニョン

主要登場人物

キム・サンジュン  アムゲ(洪吉同の父親で、代々の奴婢として生まれ、育った。主人に対して表向き従順な奴婢を装っているが、いったん外に出れば、商売と駆け引きに長け、腕力に優れた親分格の実力者であった。彼の夢は、自分の家族が免賤になり、自由民になることであった。貪欲な主人のために彼の夢は木っ端微塵となる)

ユン・ギュンサン  洪吉同(燕山君時代に活躍した盗賊団の首領で、密貿易世界の顔役。朝鮮建国100年目に現れた力持ち。朝鮮王朝実録などの公文書にも記録が残っている程である。通説で父親とされる高官の洪尚直と母親の官妓玉英香について、一部の記録に洪吉同の生まれる100年前に亡くなったと記されていることから、二人を両親とする説に疑問が生じている。ドラマはこの事実を受けて、両親を奴婢出身者としている。年表によれば、洪吉同は燕山君より30歳ほど年長である。若造の国王を相手に戦ったことになる)

キム・ジソク  燕山君イ・ユン(朝鮮王朝第10代国王。詩人でもあり、音曲・舞踊を愛で、役者のようなことも行った、多才な人物。性悪説を心棒した稀代の殺人魔)

イ・ハニ  淑容張氏チャン・ノクス(燕山君に寵愛された後宮。娼妓から王の側室になった立志伝的人物)

チェ・スビン  カリョン(洪吉同の恋人)

シン・ウンジョン  クモク(洪吉同の母親。アムゲの心の拠り所であった。吉同の妹を産んだ後、急死する)
posted by rekishinootoshimono at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

師任堂(サイムダン)・光の日記


師任堂・光の日記1月26日からSBSで放送が始まった、現代と過去が交差する歴史ドラマ。主演のイ・ヨンエは11年ぶりにブラウン管に復帰した。主人公の師任堂と現在韓国美術史研究者の二役を演じる。相手役のイ・ギョム演じるソン・スンホンも久しぶりのドラマ出演となる。
すでに中年の域に達した二人だが、依然として色あせない美男美女であり、30話にわたって永遠の愛の物語を綴る。100パーセント事前制作なので、物語が視聴者の干渉を受けることなく、作者の思い通りの展開となる。16世紀に活躍した朝鮮を代表する大儒学者栗谷・李珥(ユルゴク=イ・イ)の母として、朝鮮を代表する良妻賢母の名を残した申師任堂の生涯を再解釈した作品である。5万ウォン紙幣の肖像画となって無表情にたたずむ彼女ではあるが、大儒学者の賢母の顔以外に16世紀の天才画家として堂々と活躍し、不滅の愛を経験したに違いないとの想像に基づき描かれる。

あらすじ

師任堂朝鮮時代の師任堂・申氏の生涯を再解釈し、天才画家師任堂の芸術魂と不滅の愛を描いた作品である。韓国美術史を専攻した大学講師ソ・ジユンが、偶然発見した師任堂の日記と謎の美人図にまつわる秘密を解き明かしつつ過去と現在を行き来する。指導教授である学長により貶められたソ・ジユン講師の名誉挽回がかかっている。15世紀世宗時代の天才画家安堅(アン・ギョン)が描いたとされる金剛山図、実は師任堂の作であることが、ソ・ジユンの研究と調査により徐々に明らかになっていく。
物語は、1551年のイタリア・トスカーナにあるシエスタ・ディ・ルーナという貴族の館から始まる。館の一室になぜか朝鮮人画家セニョール・イが滞留し、必死に朝鮮女性を描いている。画家は、突然部屋から飛び出し、宴会の人々の前に現れ、大声で叫ぶ…

演出 ユン・サンホ、脚本 パク・ウルリョン

主要人物

申師任堂(演技者イ・ヨンエ) (1504/12/5 – 1551/6/20)
本名は申仁善。師任堂は彼女の雅号。朝鮮中期の文人であり、儒学者、画家、詩人、作家などと多才であった。特に画家としては、絶対色感を持った天才画家と称された。彼女の画才は娘のイ・メチャンに受け継がれ、儒学の才は三男の李珥に引き継がれた。
彼女が才能を開花させることが出来たのは、女性にも教育を受けさせる申家の家風、特に師任堂の天才ぶりをいち早く見出した父親の熱心な教育指導があったからである。娘が結婚しても学問や創作を続けられるよう、婿さがしをしたくらいである。

ソ・ジユン(演技者イ・ヨンエ)
現在の韓国美術史研究者で、大学の非常勤講師。指導教授である学長が、発見された金剛山図を15世紀の天才画家安堅の作であると発表したが、研究論文の作成を任された彼女は、分析過程で絵の画材が16世紀のものと思うようになり、安堅作を疑い始める。そんな思いがふとした瞬間出てしまい、教授からパワハラを受け、貶められ、大学講師の仕事まで奪われてしまう。自分の名誉を挽回するため、金剛山図の真の作者を探さなければならない。偶然イタリアで入手した漢文冊子と謎の美人図の調査に全身全霊を傾ける中、16 世紀の師任堂を追体験することになる。

イ・ギョム(演技者ソン・スンホン)
実際に逆賊として死んだ亀城君(クソングン)の孫とする架空の王族で、宮中の図画署の長を務める。多能多才で、実直な心の持ち主。天才画家でありながら、踊りや琴などにも天分の才を発揮する人物。師任堂の画才を愛で、彼女に色彩技術を教え、画家になる道を伝授する。師任堂のみを生涯愛し続ける、朝鮮版「ギャッツビー」のような人物。

その他の配役

オ・ユナ  フィウムダン・チェ氏(江陵の旅籠屋の娘で、卑賎な身分であるが、上昇志向が強く、申家の娘たちの授業を塀越しに聞きながら字の読み書きを学ぼうとする。イ・ギョムと出会い、密かに片思いをする。長じてミン・チヒョンの正室夫人の座を得ることに成功し、漢陽の名門夫人たちの間で女王のような存在になる。しかし、師任堂の才能には及ばず、劣等感を抱き、彼女に対してライバル意識を燃やし続ける)

チェ・チョルホ  ミン・チヒョン(フィウムダンの夫で、動物的な政治感覚で恐るべき速度で出世街道を走っている人物。最大の紙物商を経営し、紙に関するあらゆる利権を独占している。師任堂とイ・ギョムの運命を狂わせた人物でもある)

チェ・ジョンファン(二役)  @中宗(国を治め、天下を平らげることなどに無関心な生存型国王。誰も信じられないが、イ・ギョムだけには心を開く)
Aミン・ジヨンハク(ソ・ジユンの指導教授で学長。韓国美術史学会のドン。外向きは人が好さそうに見えるが、心の中には毒蛇が12匹も住み着いている人物。ソ・ジユンを利用するだけ利用し、邪魔になると、彼女を貶め、職場からも追放する。新発見の金剛山図を安堅の作と主張する)

ヤン・セジョン(二役)  @若き日のイ・ギョム
Aハン・サンヒョン(ソ・ジユンの後輩。次世代の人文学者と目される。文化批評界のライジング・スター。ソ・ジユンが入手した師任堂の漢文日記解読に協力する)

キム・ヘスク  キム・ジョンヒ(ソ・ジユンの姑で、元祖ヘリコプター・ママ)

イ・ヘヨン  チョン・ミンソク(ソ・ジユンの夫で、年俸億台のフォンド・マネージャ。不渡りを出して会社も自宅も取られてしまう)

パク・チュンミョン  コ・ヘジョン(ソ・ジユンの親友で、実力のある古美術復元の専門家。ジユンを助ける)

ユン・ダフン  イ・ウォンス(一人親の母の許で育てられ、野心も欲もなく天下泰平に暮らしてきた人物。偶然にも片思いをしていた師任堂を妻にすることが出来た。後に家族に次々と迷惑をかけることになる)

特別出演

パン・ヒョジョン  イ・ギョムの伯母
チェ・インファ  シン・ミョンファ(師任堂の父)
イ・ギョンジン  龍仁李氏(師任堂の母)

亀城君(1441 – 1479)
世宗大王の四男の二番目の息子。大王の孫にあたる。文武に秀でて、祖父の世宗や伯父の世祖に可愛がられる。若くして領議政という総理大臣にまで昇った。そのため、人から妬まれ、逆賊との告発を受けて遠島の刑に処せられ、流刑地で病死した。

安堅(アン・ギョン)
世宗時代に活躍した宮廷画家。山水画に優れ、多くの作品を描いたが、現在その多くが不明。天理大学所蔵の「夢遊桃原図」が代表作である。
posted by rekishinootoshimono at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2016 SAF(SBS)演技大賞


2016 SAF演技大賞12月31日、サンアム・プリズムタワーを会場にして授賞式が開催された。
総合司会を務めたのは、イ・フィジエ、ミナ、チャン・グンソクの三人。この中でイ・フィジェだけが俳優ではなく、司会専門の咄家である。そんな彼が今度の式典では、職業マナーを逸脱して目に余る司会ぶりであった。人を小ばかにしたような品のない話し方に気分が悪くなった。本人は面白くするためだと弁解したが、だからと言って何でもありではあるまい。
SBSは、ニュースター賞という新人賞によって毎年、10人の若い新進俳優を世に送り出している。新人たちにより多くのチャンスを提供する唯一の放送局である。
今回の大賞に選ばれたのは、映画俳優のハン・ソッキュ。「根の深い木」以来二度目の大賞を手にした。大物映画俳優がテレビ・ドラマに出演すれば、ほとんどの場合大賞に選ばれるようである。「馬医」のチョ・スンウの場合も同じである。より多く彼らにテレビ出演してもらうための苦肉の策なのか。

受賞者と作品

大賞 ハン・ソッキュ(浪漫ドクター キム・サブ)

韓流スター賞 イ・ジュンギ(月の恋人 歩歩惊心・麗)


最優秀演技賞
長編ドラマ
男子 チャン・グンソク(大撲=テバク)
女子 キム・ヘスク(そう、そんなものだ)

ロマンチック・コメディ
男子 ナムグン・ミン(美女コン・シミ)、チョ・ジョンソク(嫉妬の化身)
女子 コン・ヒョジン(嫉妬の化身)

ジャンル・ファンタジードラマ
男子 キム・レウォン(ドクターズ)、イ・ミンホ(青い海の伝説)
女子 パク・シネ(ドクターズ)

優秀演技賞
長編ドラマ
男子 ヨ・ジング(大撲)
女子 キム・ジヨン(愛が来ます)

ロマンチック・コメディ
男子 カン・ミニョク(タンタラ)
女子 ミナ(美女コン・シミ)

ジャンル・ドラマ
男子 ユ・スンホ(リメンバー・息子の戦争)、ユ・ヨンソク(浪漫ドクター キム・サブ)
女子 ソ・ヒョンジン(浪漫ドクター キム・サブ)

ファンタジー・ドラマ
男子 カン・ハヌル(月の恋人 歩歩惊心・麗)
女子 オ・ヨンソ(帰っておいでよ、おじさん)

特別演技賞
長編ドラマ
男子 ソン・ジェリム(うちのカプスニ)
女子 キム・ソウン(うちのカプスニ)

ロマンチック・コメディ
男子 オン・ジュワン(美女コン・シミ)
女子 ソ・ジヘ(嫉妬の化身)

ジャンル・ドラマ
男子 パク・ソンウン(リメンバー・息子の戦争)
女子 チョン・ヒョソン(ウォンテッド・指名手配犯)

ファンタジー・ドラマ
男子 ソン・ドンイル(青い海の伝説)
女子 ソ・ヒョン(月の恋人 歩歩惊心・麗)

功労賞 チャン・ヨン(俳優)

ベスト・カップル賞
ユ・ヨンソク + ソ・ヒョンジン(浪漫ドクター キム・サブ)
イ・ジュンギ + イ・ジウン(アイユ)(月の恋人 歩歩惊心・麗)
イ・ミンホ + チョン・ジヒョン(青い海の伝説)

ニュースター賞
コ・ギョンピョ(嫉妬の化身)、キム・ミンソク(ドクターズ)
キム・ミンジェ(浪漫ドクター キム・サブ)、クワク・シヤン(終わりから二番目の愛)
ペク・ヒョン(月の恋人 歩歩惊心・麗)
ヘリ(タンタラ)、ヤン・ジンソン(私の婿の女)、ムン・ジイン(ドクターズ)
チョン・ヘイン(そう、そんなものだ)、ミナ(美女コン・シミ)

注: 「タンタラ」とは、芸能界で働く人々のこと。少し見下してそう呼ぶ。

十大スター賞
キム・ソンニョン(ミセス・コップ2)、パク・シネ(ドクターズ)
ソ・ヒョンジン(浪漫ドクター キム・サブ)、チョン・ジヒョン(青い海の伝説)
ナムグン・ミン(美女コン・シミ、リメンバー・息子の戦争)、イ・ミンホ(青い海の伝説)
イ・ジュンギ(月の恋人 歩歩惊心・麗)、チャン・グンソク(大撲)
チョ・ジョンソク(嫉妬の化身)、ハン・ソッキュ(浪漫ドクター キム・サブ)
posted by rekishinootoshimono at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 KBS演技大賞


2016 KBS演技大賞12月31日、KBSホールにて授賞式が開催された。総合司会はチョン・ヒョンム、キム・ジウォン、パク・ポゴムの三人が担当した。キム・ジウォンとパク・ポゴムは、この年にドラマで活躍し、人気を博した俳優である。
今回の演技大賞は30周年を迎え、過去の受賞者たちを称え、彼らを末永く記憶に留めようとのメッセージを発していた。中でも大賞を三度も受賞したコ・ドゥシムとチェ・スジョンが舞台に登場し、授賞式の開幕を宣した。
人気ドラマ「太陽の末裔」と「雲が描いた月の光」のOSTを柔らかく伸びのある歌唱力で歌い上げた歌手のコミが舞台に登場して美声を披露した。
大賞を共同受賞したソン・ソンペアの間になぜか隙間風か吹いているようで、ぎこちない雰囲気が感じられた。
毎年そうであるが、他の放送局に比べて広い年齢層の多彩な俳優たちの出席により、場がより華やいでいるようである。



受賞者と作品

大賞 ソン・ヘギョ、ソン・ジュンギ(太陽の末裔)

最優秀賞
男子 パク・シニャン(隣近所の弁護士チョ・ドゥルホ)、パク・ポゴム(雲が描いた月の光)
女子 キム・ハヌル(空港へ行く道)

優秀賞
長編ドラマ
男子 アン・ジェウク(子供が五人)、イ・ドンゴン(月桂樹洋服店の紳士たち)
女子 ソ・ユジン(子供が五人)、チョ・ユニ(月桂樹洋服店の紳士たち)

毎日連続ドラマ
男子 オ・ミンソク(女の秘密)
女子 ソ・イヒョン(女の秘密)、イ・ユリ(天上の約束)

ミニシリーズ
男子 イ・サンユン(空港へ行く道)
女子 キム・ジウォン(太陽の末裔)

中編ドラマ
男子 ソン・イルグク(蒋英実)
女子 キム・ユジョン(雲が描いた月の光)

作家賞 キム・ウンスク、キム・ウォンソク(太陽の末裔)

新人賞
男子 ソン・フン(子供が五人)、チン・ヨン(雲が描いた月の光)
女子 キム・ジウォン(太陽の末裔)、イ・セヨン(月桂樹洋服店の紳士たち)

助演賞
男子 イ・ジュニョク(雲が描いた月の光)
女子 ラ・ミラン(月桂樹洋服店の紳士たち)

連作・単幕ドラマ賞
男子 キム・ソンオ(ペッキが帰ってきた)、イ・ドンフィ(赤い先生)
女子 カン・イェウォン(ペッキが帰ってきた)、チョ・ヨジョン(ベイビーシッター)

青少年演技賞
男子 チョン・ユンソク(子供が五人、蒋英実、雲が描いた月の光)
女子 ホ・ジョンウン(雲が描いた月の光、隣近所の弁護士チョ・ドゥルホ)

アジア最高のカップル賞 ソン・ジュンギ + ソン・ヘギョ(太陽の末裔)

ネッティズン賞 パク・ポゴム(雲が描いた月の光)

ベスト・カップル賞
キム・ハヌル + イ・サンユン(空港へ行く道)
オ・ジホ + ホ・ジョンウン(オー・マイ・クムビ)
ソン・ジュンギ + ソン・ヘギョ(太陽の末裔)
チャ・インピョ + ラ・ミラン(月桂樹洋服店の紳士たち)
ヒョン・ウー + イ・セヨン(月桂樹洋服店の紳士たち)
パク・ポゴム + キム・ユジョン(雲が描いた月の光)
チン・グー + キム・ジウォン(太陽の末裔)
posted by rekishinootoshimono at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2016 MBC 演技大賞


2016 MBC演技大賞12月30日、MBCの公開ホールで開催され、総合司会をキム・グクチンとユイが務めた。
今度の大賞は、視聴者の投票で選ばれた。結果的に「W」の当たり年で、大賞と今年のドラマ賞を始めとする7冠王に輝いた。

「W」は、現実と漫画の両世界の中で主人公たちが出会い、事件が起きるスリリングな展開のドラマで、日本での公開が待たれる。イ・ジョンソクの大賞受賞は、他に該当者がいなかったがために、人気度の高いドラマに対する評価が主人公に反映された相対的な結果と思われる。

授賞式に久しぶりに姿を見せたイ・ソジンは、もうオジサン族の立派な一員となっていた。急激な世代交代が進む韓国芸能界の厳しい現実がある。


受賞者と作品

大賞 イ・ジョンソク(Wダブリュー)

今年のドラマ賞 Wダブリュー

最優秀演技賞
特別企画部門 男子 イ・ソジン(契約結婚)  女子 ユイ(契約結婚)
連続劇部門 男子 イ・サンウ(家和万事成)  女子 キム・ソヨン(家和万事成)
ミニシリーズ部門 男子 イ・ジョンソク(W)  女子 ハン・ヒョジュ(W)

優秀演技賞
特別企画部門 男子 ソ・ハジュン(獄中花)  女子 チン・セヨン(獄中花)
連続劇部門 男子 ソン・ホジュン(吹け美風よ) 女子 イム・ジヨン(吹け美風よ)
ミニシリーズ部門
男子 ソ・イングク(ショッピング王ルイ) 女子 イ・ソンギョン(重量挙げの妖精キム・ボクチュ)

黄金演技賞
特別企画部門 男子 チョン・ジュノ(獄中花) 女子 イ・フィヒャン(結婚契約)
連続劇部門 男子 イ・ピルモ(家和万事成) 女子 キム・ジホ(家和万事成)
ミニシリーズ部門 男子 キム・ウィソン(W) 女子 イム・セミ(ショッピング王ルイ)

今年の作家賞 ソン・ジェジョン(W)

子役賞
男子 ク・ゴンミン(ウォーキング・ママ育児パパ) 女子 チョン・ダビン(獄中花)

新人賞
男子 ナム・ジュヒョク(重量挙げの妖精キム・ボクチュ)、リュ・ジュニョル(運勢ロマンス)
女子 ナム・ジヒョン(ショッピング王ルイ)、チョ・ボア(モンスター)

ベスト・カップル賞  イ・ジョンソク + ハン・ヒョジュ(W)

事前授賞
声優賞  チェ・スジン(外国映画などの吹き替え)

posted by rekishinootoshimono at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

花郎(ファラン)


花郎12月19日からKBSで放送が始まった連続20話の歴史ドラマ。舞台は1500年前の新羅で、第24代真興王の時代。日本では聖徳太子より少し前の欽明天皇の時代が重なる。新羅のエリート軍人集団であり、文化の担い手となった花郎の創設期にまつわるエピソードを織り込んだドラマである。王族・貴族の子弟たちが国家組織の中で心身修練を重ねながら成長していく姿を描く。

真興王(在位540年-576年)

ドラマの主人公の一人が若き日の真興王で、名を三麦宗(サムメクチョン)と言った。彼は幼くして伯父である先代法興王から王位を継承したが、法興王の娘である母親の只召太后(チソテフ)が摂政となり、実権を握っていた。彼女は、唯一人の聖骨(純粋に王統の血筋を受け継ぐ最高の身分)となった息子の命を守るために、朝廷大臣たちにも王の顔を知られないように徹底した。顔のない王となった真興王は、その間、自由気ままに世情を見て回り、少しずつ成長し、いつか自分の真の姿を世に示すために準備を進めていった。
その過程で、自分の親衛隊作りを着想し、それが新羅の国家的文武両道の人材育成機関・花郎となって結実した。元々民間の修練施設であったものを、国家組織として改編したのである。
花郎を手にした真興王は、新羅の国力強化を図った。高句麗から漢江流域を奪い、南西の伽耶国を征服して領土を拡大した。伽耶の流民として新羅に入った金庾信(キム・ユシン)が後に花郎の指導者となり、数々の戦場で活躍し、新羅の英雄として名を残したのは、歴史の皮肉ともいえる。真興王の曾孫にあたるのが善徳女王で、その次の世代が新羅中興の祖と称される武烈王こと金春秋である。一時花郎の指揮者である源花となった美室(ミシル)を育成したとも言われる。

花郎(ファラン)は新羅のエリート軍人集団兼文化の担い手であった

以前「善徳女王」の中で、三国統一の中心勢力となる花郎群像がふんだんに紹介されたことがある。西洋社会の騎士道のように花郎道という、新羅精神の核心となる青年集団であった。国家の教育機関に集められて育成された彼らは、祭事や祝祭を司る集団であると同時に当時の芸能集団でもあった。今で言う韓流花の美男子たちのように、当時の女子たちの憧れの的であった。また、国の精鋭軍事組織でもあった。多くの名将が生まれている。後に新羅の国王が花郎たちの中から選ばれているが、時代と共に花郎道が廃れると、新羅は滅亡への道を辿って行った。金春秋、金庾信たちも最盛期の花郎出身である。
花郎組織を「花郎徒」といい、各組織の指導者を花郎、所属する青年たちを郎徒(ナンド)と呼んだ。また、花郎の中に「風流徒」、「風月徒」、「国仙徒」といった年功序列のシニア組織が置かれた。それぞれの組織の指導者も花郎、風月主、花主、国仙、源花などと呼ばれた。

新羅の身分制度・骨品制

骨品制は一種のカースト制度と言える。その頂点に位置するのは聖骨で、神国・新羅の神聖な血筋を受け継ぎ、国王になれる王族のみが属した。王にならない王族と中央貴族は真骨という貴族階級を形成した。それらの下に六頭品、五頭品、四頭品、平民が続いた。骨品制は新羅の王都においてのみ導入され、地方では適用されない制度であった。そのため、差別や蔑視から逃れた賤民たちは王都を出て行き賤民村に集まって生活した。やがて聖骨は、それ自体がもつ制約のため、途絶えざるを得ない運命にあった。二人の聖骨女王の死去により、聖骨は完全に途絶え、真骨出身の中から王が選ばれることになった。その最初の人物が武烈王こと金春秋であった。

演出 ユン・ソンシク、キム・ヨンジョ
脚本 パク・ウニョン

配役

パク・ソジュン  ムミョン/ソヌ(主人公で、腕っぷしの強い賤民の若者。出世の経緯が謎めいている。自己存在の理由を花郎に見つけ、修練生に加わる。殺された友の名前を借りてソヌ郎と名乗る)

コ・アラ アロ(真骨貴族の父と賤民の母との間に生まれた、生活力旺盛な娘。ムミョンと三麦宗の出現で生活が大きく変わる)

パク・ヒョンシク 三麦宗(真興王)/チディ(母の只召太后が計画した花郎の修練生に加わり、チディ郎と名乗る。彼もムミョンと同様に自己存在理由を花郎に見つける)

キム・ジス 只召太后(三麦宗の母親。七歳で王位を継いだ息子のために摂政になり、息子を守るために彼の顔を隠し続ける)

チェ・ウォニョン アンジ公(死んだソヌとアロの父親で、真骨出身の貴族。只召の元恋人。家門が没落したため、医業で生計を立てている)

ソン・ドンイル ウィファ公またはウィファ郎(創設されたばかりの花郎たちの養成を一任された貴族。自分独自の方針で花郎たちを教育する。風月主である)

イ・グワンス マンムンまたはソヌ(アンジ公の息子であるが、身分の卑しい母親に連れられて父親の元を去った。成長するとともに父親を捜す旅に出るが、三麦宗の顔を見てしまったために只召の命を受けた刺客に殺される。ムミョンとは賤民村で共に育てられた無二の友であった)

ソ・イェジ スンミョン(新羅の王女。只召の娘で、三麦宗の妹。ムミョンに心を寄せるが、聖骨の血統を守るために兄との婚姻を運命づけられている。親の愛に飢え、冷たい心の持ち主)

若き花郎たち
チェ・ミノ スホ郎
ト・ジハン パルリュ郎
キム・テヒョン ハンソン郎
チョ・ユヌ ヨウル郎
キム・ヒョンジュン タンセ郎
posted by rekishinootoshimono at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

雲が描いた月の光


雲が描いた月の光8月22日から放送開始したKBSの新作時代劇。
タイトルの「雲」とは百姓、すなわち庶民、民衆などを意味する。「月の光」は君主のたとえである。「百姓の思いで描き出した君主」という意味がタイトルに込められている。
原作であるユン・イスの同名WEB小説をドラマ化したもの。

あらすじ

19世紀初めを舞台に朝鮮王朝第23代国王である純祖の長男で、19歳の時から病弱な父親に代わって代理聴政を行い、強い朝鮮の復活を夢見た天才君主・孝明世子と魔性の美男儒生・キム・ユンソン、世子の護衛武士・キム・ビョンヨン、そして思いもよらぬ成り行きで宦官になり、三人の青年たちの友、恋人、逆賊の娘として運命を共にした男装の女性・ホン・ナオンら、歴史に記録されなかった青春たちを描いた宮中ロマンス。物語は孝明世子が代理聴政を開始する直前の時期から始まる。

安東金氏の勢道政治

イ・サンこと正祖が急死すると、幼い純祖の後ろ盾になるよう正祖から頼まれていた金祖淳(キム・ジョスン)は、自分の娘を純祖の正妃にし、外戚として勢力を拡大し、安東金氏一門による60年にわたる勢道政治を確立した。この勢道政治の基礎を作ったのは、正祖の信頼が厚かったが、後に没落した洪国栄(ホン・クギョン)であった。正祖が遺した負の遺産である。
安東金氏の血を引きながらその勢道政治をけん制し、民衆のための政治を願ったのが、このドラマの主人公である孝明世子であった。彼は、志半ばにして父王より先に病死してしまう。純祖が亡くなり、孝明世子の息子である憲宗が即位すると、翼宗に追尊された。

演出  キム・ソンユン、ペク・サンフン
脚本  キム・ミンジョン、イム・イェジン

配役

パク・ポゴム  イ・ヨン(孝明世子) (純祖の長男で、憲宗の父親。安東金氏の勢道政治を牽制し、王権を強化して民衆のための政治を志したが、二十歳で病死した。男装の偽宦官ホン・ナオンとの出会いは、市中での事故的なものであったが、宦官試験に応募した彼女を合格させ、自分の近くに配置し、次第に心を通わせていった。ドラマの中では、架空の王妃尹氏が生母となっている。)

キム・ユジョン  ホン・ナオン(ホン内侍) (19世紀初めに歴史的民乱を指導した洪景来(ホン・ギョンネ)の娘であるが、逃亡中の母親が男の子として育てた。成長したホン・ナオンは、人から頼まれてインチキ代書をしたことが世子に発覚してしまい、身を隠すために宦官になろうとする。ひょんなことから世子に見つかるが、彼の計らいで登用試験に合格する。宮中に入ると、三人の青年と友情を育むことになる)

チン・ヨン  キム・ユンソン(安東金氏の権力者キム・ホン[金祖淳のこと]の孫。ホン・ナオンが市中に暮らす時から女性であることを見抜いていた。次第に彼女に惹かれていく。

クワク・トンヨン  キム・ビョンヨン(朝鮮最高の剣術を誇る東宮殿の別監として世子の護衛武士を務める。世子と共に出会った女のような内侍と何でも話し合える親しい仲になる。やがてこの内侍ホン・サムノムが自分の探していた洪景来の娘、ホン・ナオンであることが判明する)

チェ・スビン  チョ・ハヨン(後に世子の正室・趙氏となる名門一族の令嬢)

キム・スンス  純祖(正祖の次男で後継者。幼くして即位し、祖母の垂簾聴政を受け、舅・キム・ホンの勢道政治に苦しめられたため、病弱で優柔不断な国王となる。息子の世子に期待をかける)

チョン・ミソン  淑儀朴氏(純祖の唯一の後宮。母を亡くした孝明世子を温かく見守ってあげる)

チョン・ヘソン  ミョンウン王女(明温王女のこと) (純祖の長女で、世子の実妹)

ホ・ジョンウン  ヨンウン王女(永温王女のこと) (純祖の次女で、淑儀朴氏の娘) 

チョン・ホジン  キム・ホン(金祖淳のこと。王妃金氏の父親で、キム・ユンソンの祖父。朝鮮を実質的に支配する勢道家・安東金氏勢力の首長で、60年勢道政治を開いた人物)

ハン・スヨン  王妃金氏(純祖の後宮から王妃に昇格し、世子の継母となる。権力者キム・ホンの娘)

パク・チョルミン  キム・ウィギョ(吏曹長官で、キム・ホンの一派)

パン・ジュンヒョン  キム・グンギョ(戸曹長官で、キム・ホンの甥)

アン・ネサン  丁若(チョン・ヤギョン) (朝鮮末期の有名な実学者、丁茶山(チョン・ダサン)のこと。ドラマの中ではホン・ナオンの命の恩人。山に捨てられて死にかけていたナオンを救い、実祖父のように可愛がり、面倒を見た。後日、代理聴政する世子に対して立派な師匠になってあげる)

特別出演

チャ・テヒョン  作男
チョ・ヨジョン  若奥様
イ・ムンシク  オム・ゴン
チョン・ソギョン  男寺党(旅芸人)の頭
キム・ヨジン  キム・ソサ(ホン・ナオンの母親)
ソ・ジョンヨン  王妃尹氏(孝明世子の生母。架空の人物)
posted by rekishinootoshimono at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

月の恋人 歩歩惊心 - 麗


月の恋人 歩歩惊心-麗8月29日から始まったSBSの新作時代劇。原作は中国の小説「歩歩惊心」。原作の舞台は清国であるが、このドラマでは建国初期の高麗となっている。主人公は太祖王建の四男で4王子と言われた王昭(ワン・ソ)。後に第四代光宗となる。以前MBCで放送された「輝くか、狂うか」の主人公を再びSBSがイ・ジュンギを起用してドラマ化した。今回は太祖の25王子の中から八人の王子たちがそれぞれ個性的に取り上げられ、王位継承争いに焦点が当てられる。
物語の発端は、彼氏と女友達に裏切られた21世紀の女性コ・ハジンが水難救助のためプールに飛び込み、皆既日食の瞬間に高麗にタイムスリップする。太祖王建の息子たちが水浴びする場所に姿を現したコ・ハジンは、8王子の王旭(ワン・ウク)に解樹(ヘ・ス)と呼ばれて彼の屋敷に連れていかれる。そこでコ・ハジンは、ヘ・スの六親等の従姉・解氏夫人に迎えられる。その後、ヘ・スとなったコ・ハジンは、高麗王子たちとの交流を通して、王権をめぐる熾烈な高麗王室内の権力争いや宮中の暗闘に巻き込まれていく。やがて4王子、王昭との誤解が理解へと変わり、恋心が芽生える。

「歩歩惊心」とは

「一歩一歩注意深く歩く」という意味。
「麗」は高麗のこと。

演出  キム・ギュテ
脚本  チョ・ユニョン

配役

イ・ジュンギ  4王子王昭(ワン・ソ)(後の第四代光宗)(狼との別名がつく高麗太祖王建の四男で、過去の経緯から冷酷を装い、冷たい仮面の中に真の自分を隠して生きていくが、ヘ・スとの出会いで閉ざした心を開き、仮面を脱いで高麗の第四代王に成長する)

ア・イユ(イ・ジウン)  21世紀の女性コ・ハジン (皆既日食の最中、タイムスリップして高麗女性ヘ・スに乗り移る。高麗初期の歴史的事件の渦中に巻き込まれて苦悩するが、自身の運命を切り開いていく)

カン・ハヌル  8王子王旭(ワン・ウク) (兄弟王子たちの中で一番思慮深く、慎重な人物。解氏夫人の夫で、ヘ・スの義兄に当たる。次第にヘ・スに惹かれていく)

ホン・ジョンヒョン  3王子王堯(ワン・ヨ) (後の第三代定宗。王昭の実兄。異腹兄の太子武を暗殺してでも王位に就こうと執着する。母親の王妃劉氏から王位に上ることを期待されている。希望通りに王になるが、在位数年で死去し、弟の王昭に王位を譲る)

チョ・ミンギ  高麗太祖王建

パク・チミョン  王建の第三王妃劉氏 (王昭と王堯の実母。自分の息子が高麗王になることにこだわり続ける)

ソン・ドンイル  パク・スギョン(太祖と共に高麗を建てた開国功臣で大将軍)

パク・チョンハク  ワン・シンニョム(王建の従弟で開国功臣の一人。平壌を地盤に持つ大豪族として王位継承問題に発言権を持つ人物。王昭の王位継承を支持するが、何かと干渉をする。そのため、王昭に排除されようとするが、天命を全うする)

キム・ガンイル  シンジュ・カン氏(王昭の養父)

カン・ハンナ  皇甫ヨナ(後の光宗夫人である大穆王后皇甫氏。太祖王建と王妃皇甫氏の娘。光宗とは異母兄妹の間柄で、8王子王旭の実姉)

パク・シウン  解氏夫人(ヘ・スの六親等の従姉で、王旭の妻)

チ・ヘラン  パク・スンドク(パク・スギョンの娘)

チン・ギジュ  チェリョン(ヘ・スの友であり侍女)

ソ・ヒョン  妓生ウヒ(後百済の最後の姫君)

チェ・ビョンモ  パク・ヨンギュ(後百済王キョン・フォンの娘婿であったが、高麗の建国に協力し、重臣に登用される。太祖と定宗に娘を娶らせる。定宗の王位継承を支援する)

キム・ソンギュン  チェ・ジモン(天の気を知る唯一の人物。天文と占いに秀でた天才。彼の主になる者が高麗を支配する)

ナム・ジュヒョク  13王子王郁(ワン・ウク) (白牙とも呼ばれる。母親が新羅の王族)

ピョン・ベッキョン  10王子ワン・ウン(開国功臣ワン・ギュの外孫)

チ・ス  14王子王貞(ワン・ジョン)(王昭と王堯の実弟)

キム・サノ  王武(ワン・ム) (正胤=王太子で、後の二代恵宗。即位後間もなく死去する)

ユン・ソヌ  9王子王垣(ワン・ウォン) (開国功臣ユ・グムピルの外孫)
posted by rekishinootoshimono at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

第52回百想芸術大賞

6月3日、慶煕大学平和の殿堂で授賞式が開催された。韓国の大衆芸術振興を目的に設置された同賞の今回の総合司会はシン・ドンヨプとスジであった。歌手グループの一員であったスジは、この数年の間に女優として大きく成長していた。

太陽の末裔今回のハイライトは、テレビ部門の「太陽の末裔」というドラマで、テレビ部門の大賞に輝いている。主演のソン・ヘギョとソン・ジュンギの二人が韓国内と中国で大人気を博し、同賞の人気賞とグローバル・スター賞を獲得した。
「太陽の末裔」はKBSの作品で、2月24日から韓国と中国で同時放送されている。放送中は、30%台の視聴率を記録し、最終回には40%の高視聴率を上げた。
そのあらすじは、震度8.3の大地震に見舞われ、壊滅状態になる中央アジアのある国に韓国からも緊急援助隊として予備役の軍人と医師たちが派遣され、そこで戦争と疾病、気象異変が重なる極限状況に遭遇する。それでも極悪の環境の中で被災者の救出に奮闘する彼らの人類愛、同志愛、友情、恋愛を描いたドラマである。

テレビ部門の最優秀女優演技賞に選ばれたキム・ヘス。tvNの「シグナル」に主演して話題になり、その演技が脚光を浴びている。この時点ですでに何らかの賞に選ばれるものと前評判が高かった。映画「チャイナタウン」の中でも、特異な汚れ役を演じて話題になっている。

映画部門の最優秀演技賞を獲得したのは、ハリウッドから帰ってきたイ・ビョンホンと久方ぶりに映画にカムバックしたチョン・ドヨンのカリスマ二人。彼らの登場で会場の雰囲気がガラリと変わった。

ケーブルテレビtvNの躍進が近年目覚しい。特に金・土曜に良質のドラマを連続して放送している。「応答せよ」シリーズを始め、昨年放送の「未生」、今年の「シグナル」、「記憶」、現在放送中の「デイア・マイ・フレンズ」と、立て続けに豪華な俳優を擁した贅沢なドラマを視聴者に提供している。マイナーなテレビ局は独自の演技大賞を持たない。百想芸術大賞が小規模放送局の優秀な作品を顕彰する場となっている。

授賞式の結果
  
テレビ部門
大賞  太陽の末裔(KBS)
最優秀女優演技賞  キム・ヘス(シグナル)
イ・ジュニク監督最優秀男優演技賞  ユ・アイン(六龍が飛び立つ)
作品賞  シグナル(tvN)
演出賞  シン・ウォノ(応答せよ1988) (tvN)
人気賞  (男)ソン・ジュンギ(太陽の末裔)
     (女)ソン・ヘギョ(太陽の末裔)
脚本賞  キム・ウニ(シグナル)
教養作品賞  「試験」(EBS)
バラエティ作品賞  「日曜夜・覆面歌王」(MBC)
バラエティ賞  (男)キム・グラ(マイ・リトル・テレビジョン)
        (女)キム・スク(最高の愛)
新人男優演技賞  リュ・ジュニョル(応答せよ1988)
新人女優演技賞  キム・ゴウン(チーズ・イン・ザ・トラップ)

映画部門
大賞  イ・ジュニク監督(トンジュ=東柱)、(サド=思悼)
最優秀女優演技賞  チョン・ドヨン(無頼漢)
最優秀男優演技賞  イ・ビョンホン(内部者たち)
作品賞  「暗殺」 
監督賞  リュ・スンワン(ベテラン)
人気賞  (男)ト・ギョンス(純情)
     (女)スジ(桃李花歌)
助演男優賞  イ・ギョンヨン(少数意見)
助演女優賞  ナ・ミラン(ヒマラヤ)
シナリオ賞  アン・グッチン(誠実な国のアリス)
新人監督賞  ハン・ジュニ(チャイナタウン)
新人男優演技賞  パク・チョンミン(トンジュ=東柱)
新人女優演技賞  パク・ソダム(黒い司祭たち)

インスタイル・ベストスタイル賞  (男)パク・ポゴム、(女)スジ
iQIYI(アイチイ)グローバル・スター賞  (男)ソン・ジュンギ、(女)ソン・ヘギョ

posted by rekishinootoshimono at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

魔女宝鑑


魔女宝鑑JTBCが5月13日に放送を開始した16回連続の歴史ドラマ。
時代は、MBCの「獄中花」とほぼ同じ頃の16世紀中期、中宗と悪名高い文定王后の間に生まれ、母親の越権行為に生涯苦しめられた第13代明宗の治世下である。王の唯一の嫡子である順懐世子(スネセジャ)は、生まれて12年後に夭折し、直系の世継ぎがいなくなった。明宗の後を継いだのは、中宗の九男の三番目の息子である河城君で、後の第14代宣祖であった。ここに朝鮮王朝傍系王統の時代が始まった。

ドラマの中では、順懐世子に双子の姉がいたという設定で、呪いをかけられたその王女は、生きていると弟の方が死ぬことになるとして、生まれてすぐに焼き殺された。しかし、王女は密かに王命により生かされていて、奥深い山中の一軒家で成長していた。彼女と同じ頃に、後に名医となる許浚(ホ・ジュン)も生まれていた。二人は山中で出会い、恋に落ち、成長していく。ヨニと名付けられた王女が呪詛封じの家から一歩外に出た途端、双子の弟の世子が王宮で病死した。黒巫女と文定太后は、王女の生存を確信する。彼女にかけられた呪いの発端は黒巫女と文定太后の企みによるものであった。第一話でその話が挿入される。呪いをかけたのは、星宿庁(ソンスチョン)に所属していた巫女であった。秘密を守るために黒巫女と文定太后に殺される彼女は、王女と世子が自分の子供であること知らぬまま、二人に呪いをかけて絶命した。

後に許浚は王室の御医となり、東洋医学の集大成「東医宝鑑」を著す。ドラマのタイトル「魔女宝鑑」は彼の書名を模倣したパロディである。青年許浚を演じるのは、最近軍を除隊したばかりのユン・シユンである。「製パン王キム・タック」に主演した。

ヒロインの王女、ヨニを演じるのは、キム・セロン。2010年に映画「おじさん」に子役として出演し、脚光を浴びた。その後も映画「トヒよ」で屈折した女の子を好演し、数々の映画賞で新人女優賞を獲得して女優の地位を確立した。

星宿庁(ソンスチョン)と昭格署(ソギョクソ)

昭格署  道教の影響を受けて天と星に向かって祭事を行っていた朝鮮王朝の官庁である。太祖元年の1392年、昭格殿と称された。その後、世祖12年の1467年に昭格署と改称された。中宗13年の1518年、趙光祖(チョ・グワンジョ)を筆頭にした儒教勢力の士林派の強い要求で廃止されたが、士林派が失脚した翌年の1520年に再び設置された。その後、宣祖の時代に豊臣秀吉軍の侵攻の渦中に祭事が排され、それを機に完全に廃止された。

星宿庁  朝鮮時代前期、国の巫女である国巫を置き、国家と王室の安寧と幸運を祈り、災厄を退けるための祈祷儀式を担当した国家の公式機構であった。星宿は星座の意味で、道教からその名称を借用したと思われる。後に昭格署と同様に国家機関から除かれた。

両方とも王室が設置した特別な組織である。儒教を国家の基本理念とした朝鮮王朝に、本来ならあってはならない機関であった。しかし、王朝前期にはまだ儒教の政治勢力が確立していなかったので、特に国王周辺の女性たちは仏教や迷信を信じ、僧侶の祈祷や巫女の占いに頼る傾向があった。文定王后もその例に漏れなかった。

演出  チョ・ヒョンタク
脚本  ヤン・ヒョンムン

出演

ユン・シユン  許浚(ホ・ジュン) (龍泉縣監ホ・ユンの庶子で、後に王室の内医院御医となり、名医としてその名を歴史に残す。庶子のため差別の中で成長する。心の中に怒りの炎を隠す熱血青年の願いは、母親を奴婢の身分から免賤してあげること。身分を隠す王女ヨニとの出会いと恋を経て大人へとさらに成長していく)

キム・セロン  王女ヨニ(魔女ソリ) (順懐世子の双子の姉であるが、呪いをかけられたため、世子の命を守るために焼き殺されそうになる。昭格署の長で、王に忠実なチェ・ヒョンソに助けられ、王命により密かに育てられる。チェ・ヒョンソを父親と思い込んでいる。呪い封じが破られた時、弟の世子は幼くして死に、彼女は呪いのために心が凍り付いた白髪の魔女に変身する。身を隠す山中で許浚と出会い、心を通わせる)

イ・ソンジェ  チェ・ヒョンソ(昭格署の長で、ブンヨンの父親。王の頼みで呪われた王女を密かに育てる。王女の呪いを解くための方法探しに奔走する)

ヨム・ジョンア  ホンジュ(星宿庁の大巫女で、黒巫女。チェ・ヒョンソとは対立する。王女の命を狙う)

クワク・シヤン  プンヨン(チェ・ヒョンソの長男で、内禁衛の従事官となる。ヨニを実の妹と思い込む。彼女を楽しませようと呪い封じの家から連れ出すや、呪いが一挙にヨニを襲う)

チャン・ヒジン  王妃沈氏(明宗の死後太妃沈氏) (石女のため黒妖術で世子と王女を産む。秘密を守るために二人の実母に剣を突き刺した張本人。黒巫女の力に頼る)

イ・ジフン  宣祖(後嗣のない明宗の養子となり、王位を継ぐ)

ヨ・フェヒョン  順懐世子(明宗の唯一の嫡子。ドラマの中ではヨニの双子の弟。12歳で死去する)

イ・イギョン  ヨグワン(昭格署の道士で、チェ・ヒョンソの部下の一人。王女で魔女のヨニを護衛する武士)

チョ・ダルファン  ホ・オク(ホ・ユンと正室孫氏の長男。許浚の異母兄)

チョン・ミソン  孫氏(ホ・ユンの正室夫人)

キム・ヒジョン  金氏(奴婢出身の許浚の生母)

特別出演

キム・ヨンエ  太妃尹氏(文定王后尹氏) (中宗の第三王妃で、明宗の生母。歴代王妃の中で一番の野心家で、息子の王を支配した。諦めた明宗も朝廷の官僚たちも彼女の死ぬのを待つしかなかった)

チョン・インソン  ヘラン(星宿庁で一番の巫女であったが、文定太后に命じられて王の寝所に送られる。受胎したが、黒巫女の妖術により胎児を王妃の体内に盗まれる。秘密保持のために殺害される。死ぬ間際に胎児たちに呪いをかける)

イ・ダウィツ  明宗(母親の文定太妃の死後、初めて国王として力を発揮し、善政を行った君主であった。母親が存在しなければ、在位期間を通じて名君になれたともいわれる。ドラマの中では、密かに娘の命を守る)
posted by rekishinootoshimono at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

獄中花


獄中花4月30日にMBCでスタートした新しい歴史ドラマ。「チャングム」を演出したイ・ビョンフン監督の最新作で、脚本は「ホ・ジュン」のチェ・ワンギュが書く。
イ・ビョンフン監督が今回選んだ舞台は、朝鮮時代の刑務所である典獄署(チョノクソ)。訳あってこの場所で生まれ、育てられたヒロイン、オンニョ(獄女)の数奇な運命と成長の物語である。
「女人天下」の主人公たちであった鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、文定王后(ムンジョン・ワンフ)、そして王妃の弟の尹元衡(ユン・ウォニョン)らによって翻弄された人生を歩む若者たちの強く賢明に生きていく姿を描く。

物語は1540年の中宗35年3月に始まる。チャングムでおなじみの国王中宗が没する5年前のことである。夜の暗闇の中を一組の男女が逃走し、謎の一団が命を狙って二人を追う。男は女の護衛武士で、女は臨月を迎えた身分の高そうな女性。刀傷を負った女は、逃げ込んだ典獄署内で女の子を産み、絶命する。15年後の明宗10年、赤子は15歳の典獄署の茶母(タモ)に成長する。監獄に収監されている学問の師たちから学んだ多くの知識の実用に才能を発揮した天才少女であった。他にも義賊のイム・コッチョン、風水家のチョン・ウチ、名妓の黄真伊、女医チャングムらと出会い、彼らの支援を受けて成長し、勝利していく。

オンニョの夢

自分を取り上げた産婆と出会い、当時のことを聞かされる。自身の過去と典獄署で自分を産んで亡くなった母親の真実が知りたくなり、捕盗庁(ポドチョン=現在の警察に当たる)の茶母(タモ=下女)になる夢を抱く。しかし、彼女の夢と運命は、パク・テス、ユン・テウォン、ソン・ジホンの三人の男との出会いでひっくり返る。結局は警官ではなく、弁護士の道を選ぶことになる。

外知部(ウェジブ)

代訟人のことで、朝鮮時代の弁護士に当たる職業。オンニョは、典獄署で身につけた法律の知識を駆使して貧しく、虐げられた人々のための人権制度ともいうべき外知部の制度を世に知らせようと奔走する。

演出: イ・ビョンフン、チェ・ジョンギュ
脚本: チェ・ワンギュ

配役

チン・セヨン オンニョ(監獄で生まれ、育った天才少女。自分の過去と母親の死の真相を知るために捕盗庁の茶母になろうとしたが、結局は庶民のための外知部(法律代理人)の道に進む)

チョン・ダビン  少女期のオンニョ(天才ぶりを発揮して典獄署のみんなから可愛がられ、信頼される)

コ・ス  ユン・テウォン(マポ、サムゲの渡し場で商権を掌握している漢陽商団とやくざ組織の首領。尹元衡の庶子。母親は漢陽妓房の妓生であった紅梅(ホンメ)。後にオンニョの外知部の仕事に協力し、世のために働く)

キム・ミスク  文定王后(中宗の三番目の王妃。貪欲と野心の塊。自分が産んだ明宗を王位に就かせるために手段を選ばなかった。息子が王になると、何かと国政に口出しし、越権行為で王をいじめる)

チョン・ジュノ  尹元衡(文定王妃の弟で、姉の権力により政治の実権を握る。姉に劣らず貪欲で、悪事の限りを尽くす。姉の死とともに没落するや極刑に処される)

パク・チュミ  鄭蘭貞(朝鮮時代の三大悪女の一人。妓生から尹元衡の妾になり、彼の正室を殺してその地位を奪う。尹元衡の没落と共に追われる身となり、投身自殺する)

チョン・ウンピョ  チ・チョンドゥク(中人出身の典獄署下級役人。自他ともに認めるオンニョの育ての親)

チェ・ミンチョル  チョン・デシク(典獄署の責任者である主簿。強い者には弱いが、弱い者には強くあたる典型的な人物)

イ・ヒド  コン・ジェミョン(商団の親方)

メン・サンフン  チョン・マッケ(鄭蘭貞の兄で、義弟の尹元衡の執事を務める)

アン・ヨジン  ユグム(典獄署の茶母。心が優しく、オンニョには母親代わりの存在)

イ・セチャン  チョン・ウチ(中宗・明宗時代最高の風水家で詐欺師。オンニョに風水と詐欺術を教える)

イム・ホ  カン・ソノ(捕盗庁の部将で、オンニョを諜報員に育てようとする。苦悩の末に尹元衡の下に入る)

キム・ミンギョン  キム尚宮(大妃殿提調尚宮。文定王后の最側近)

チェ・テジュン  ソン・ジホン(パク・テスの孫。数奇の運命を経て開城松房の都房であるソン・ファノクに拾われて、孤児の奴婢から両班に身分上昇し、科挙に合格して捕盗庁従事官に任命される。オンニョの運命に大きくかかわる人物)

特別出演

チョン・グワンニョル  パク・テス(士林派の巨木・趙光祖の弟子。20年以上も典獄署の秘密地下監房に収監されている。呼吸困難に陥った時、オンニョの手当てで死の危機を免れる。その後、オンニョに人生と学問について多くの教えを授けるメントになり、最も近い間柄になる)

チュ・ジンモ  土亭・李之函(トジョン・イ・ジハム) (囚人ではあるが、オンニョにとって最初の学問の師)

キム・ウンス  典獄署の前任主簿
posted by rekishinootoshimono at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

大撲(テバク)


大撲(テバク)SBSの「六龍が飛び立つ」の後続として、3月28日から始まる「ファクション」形式の歴史ドラマ。
タイトルの「テバク」は、今の若者たちが好んで多用している「大当たり」や「大ヒット」を意味する「テバク」とほぼ同じ言葉のようである。主人公の青年が強くなることを一大決心して旅立つ。その姿を見送る育ての親で賭博の師匠の老人がサイコロ二個を振って前途を占うと、二個とも最高の目である「大舶(テバク)」を示していた。師匠は「やっと進むべき道を当てたな」と大喜びする。タイトルはこのエピソードに由来している。

主人公のペク・テギルを演じるのは、3年ぶりの歴史ドラマ出演となるチャン・グンソク。 
テギルは「トンイ」でおなじみの国王粛宗(スクチョン)のご落胤。王子でありながら死んだように生きなければならない運命を背負わされるが、いかさま師となって父親と弟のヨンイン君(後の英祖)に対して一世一代の大勝負に出る。

演出 : ナム・ゴン
脚本 : クォン・スンギュ
全24話。

出演

チャン・グンソク = 白大吉(ペク・テギル)(粛宗の落胤で、悲運の王子。王の息子と名乗れずに日陰に生きることを余儀なくされるが、結局は父の粛宗と弟のヨンイン君に対して宿命的に対決することになる。悲劇の原因は、母が王の側室になって6ヶ月後に生まれたため、王の子ではないと思われたから)

ヨ・ジング = ヨンイン君(後の英祖)(父は粛宗で、母は女官付き下女出身の淑嬪崔氏<トンイ>。張嬉嬪の息子である景宗とその支持基盤である少論から絶えず圧力を受け、母親の卑しい身分に対するコンプレツクスに苦しむが、いずれ自分が国王になる運命であること、兄のテギルと一大勝負をしなければならないことをよく知っている)

イム・ジヨン = 淡序(タムソ)

チョン・グワンニョル = 李麟佐(イ・インジャ)(少論の中心人物で、景宗の最側近を務める。老論を抑えることで権力を掌握するが、景宗の死により没落する。老論派の英祖に対して謀反を起こし、刑死する)

チェ・ミンス = 粛宗(朝鮮王朝の第19代国王。幼くして王位に就いたが、歴代王の中でも王としての品格に恵まれ、治世に長けた国王であった。彼の 欠点は、愛する女性たちを政治に利用したことであった。それが悪縁を引き起こし、宮中に血の嵐が吹き荒れた)

ユン・ジンソ = チェ・ボクスン(後の淑嬪崔氏(トンイ))(卑しい身分の女官付き下女から王の母になる立志伝的人物。目先が利き、処世をよくしたので、身分の負い目を克服することが出来た。彼女の選択は老論であった)

ヒョン・ウ = 景宗(第20代国王)(粛宗と張嬉嬪の長男として生まれたが、元来病弱であった。父の命で母が薬死する姿を目撃し、衝撃を受け、さらに健康を害した。即位した後、数年で死去した。後嗣がなく、異母弟のヨンイン君が後を継いで、第21代英祖となる)

オ・ヨナ = 嬉嬪張氏(張嬉嬪) (粛宗が最も寵愛した女性であったが、南人派を代弁する存在であったため、政争の犠牲になった人物。夫である粛宗の命令で薬死する現場を息子に見られる)

ペク・スンヒョン = チャン・ヒジェ(張嬉嬪の実兄)

イ・ムンシク = ペク・マングム(チェ・ボクスンの夫。賭博に狂い、妻まで賭けて負けてしまう。相手は国王であった。王宮から密かに捨てられた元妻の子を自分の息子と思い、大吉=テギルと名付けて育てる)
posted by rekishinootoshimono at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

蒋英実(チャン・ヨンシル)


蒋英実「懲録」終了以来数ケ月の空白を経て、KBS大河ドラマの新作がいよいよ1月2日にスタートした。
今度の主人公は、大河ドラマが初めて取り上げる科学・技術者の蒋英実。
舞台となるのは、15世紀初め、朝鮮王朝三代太宗・李芳遠と四代世宗大王の時代。国王は朝鮮の空の天体運動から得られる朝鮮固有の暦を熱望した。当時の朝鮮では明国皇帝から贈られた明の暦を使用していたので、自分たちの頭上の太陽と月と地球の動きが正確にとらえられず、国の行事に支障をきたしていた。そのような時に現れたのが賤しい奴婢の蒋英実という天才であった。彼は、天文学に長け、様々な天文器具を発明・駆使して正確な暦作りに貢献した。世宗は蒋英実を奴婢の身分から解放し、官僚にまで取り立てた。機械装置などの物作りにも長けた蒋英実は、水時計や測雨基なども発明し、世宗の寵愛を受けた。ドラマでは、蒋英実の少年時代の生い立ちから始まり、王室の科学者に成長するまでの姿が24話を通じて描かれる。演じるのは、久々に歴史ドラマに戻ってきたソン・イルグク。蒋英実の初恋で、彼の栄達を背後で支える太宗の娘、ソヒョン翁主には久しぶりの歴史ドラマ出演となるパク・ソニョンが扮する。「大王世宗」のキム・サンギョンが再び世宗となって登場する。

演出は、「近肖古王」、「懲録」などを手掛けたキム・ヨンジョPD
脚本は、イ・ミョンヒマ・チャンジュンの2人。

出演者

ソン・イルグク  蒋英実(チャン・ヨンシル)
キム・サンギョン  世宗イ・ド
パク・ソニョン  太宗李芳遠の娘ソヒョン翁主
イ・ジフン  チャン・ヒジェ(蒋英実のいとこに当るが、良家の嫡男であるため、賤しい蒋英実とは身分が違う。密かに天文学を勉強するが、蒋英実には及ばず、悲劇の天才と称される。蒋英実の実力を知りつつも、身分の差でもって彼を蔑視する。)
キム・ドヒョン  イ・チョン(蒋英実を見出す官僚で、科学者でもある)
ソン・ビョンホ  ハ・ヨン
キム・ビョンギ  メン・サソン(名宰相の一人)
チョン・ハニョン  ファン・ヒ(名宰相の一人)
キム・ミョンス  チャン・ソンヒ(蒋英実の父で、天文学者)
イム・ヒョク  ユ・テクサン(王室天文学研究機関の長)
イム・ドンジン  チュ・テガン
キム・ヨンチョル  太宗李芳遠(イ・バンウォン)(世宗の父)

蒋英実(1390?~1450?)

朝鮮王朝前期の科学・技術者、発明家から官僚になった。慶尚道東莱郡(現在の釜山市)に生まれた。正確な生没年は不明である。父親のチャン・ソンヒは元から高麗に移り住んだ杭州出身の人で、母親は東莱県の官妓であった。高麗滅亡後、朝鮮の官奴となり、東莱県官庁で奴婢として働かされた。天文の知識で世宗の目に止まり、明国に派遣されて天文機器を学んでくる。その後、国内での天文機器の製作に成功し、その功績が認められて奴婢の身分を免じられ、尚衣院の別座に任命された。その後も正三品の官僚まで上り詰めた。水時計や降雨量測定器、金属活字の発明にも関わった。天文器具の製作が完了すると、金属精錬の専門家として活躍した。

謎の多い晩年

約53歳になった1442年3月、蒋英実は突然の事件に見舞われた。病気がちな世宗が温泉浴に出かける時に乗る御輿が突然壊れ、担当していた蒋英実が責任を問われた。国王に対する不敬罪として朝廷の断罪を受け、棍棒100回打ちと罷免になるところを、世宗の計らいでを免れ、官位の降格だけで決着した。しかし、この事件以後、蒋英実は歴史の記録から消えてしまった。蒋英実は世宗の命を受けて御輿を作ったが、世子が御輿にひび割れが生じているのを見つけてしまい、事件に発展した。世子というのは、世宗の長男文宗のことで、この当時の蒋英実と文宗の関係がどうであったのかがこの事件の真相を知る鍵となる。蒋英実の死亡年とされる1450年は、世宗が死去した年でもある。王の死をきっかけに蒋英実が殉死を選んだのか、文宗に葬り去られたのか、病死なのか、彼の死は謎に包まれている。享年61歳であった。
posted by rekishinootoshimono at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2015 KBS演技大賞


2015KBS演技大賞-112月31日、KBS別館公開ホールで開催された。
総合司会のチョンヒョンム、キム・ソヒョン、パク・ポゴムの三人は、全員新顔であった。
毎年の次年度ドラマの紹介は、今年もショーとしてよく出来ていた。KBSの特技である。
大賞にはベテランのコ・ドゥシムと若手のキム・スヒョンの二人が選ばれた。自局に出演してくれたセレブの役者全員に賞を振り分けるという姿勢が再びKBSに見られた。

受賞者と受賞作品

2015KBS演技大賞-2大賞
 コ・ドゥシム(頼む、母さん)
 キム・スヒョン(プロデューサー)

最優秀演技賞
 男子  ソ・ジソプ(オー・マイ・ビーナス)
 女子  チェ・シラ(大人しくない女たち)

優秀演技賞
毎日連続劇
 男子  イム・ホ(星になって輝かん)
 男子  クワク・シヤン(すべてうまく行くさ)
 女子  ハン・チェア(あなただけが私の愛)
 女子  カン・ビョル(家族を守れ)

ミニシリーズ
 男子  チャ・テヒョン(プロデューサー)
 女子  シン・ミナ(オー・マイ・ビーナス)

中編ドラマ
 男子  チャン・ヒョク(商売の神-客主2015)
 女子  キム・ミンジョン(商売の神-客主2015)

長編ドラマ
 男子  キム・ガプス(頼む、母さん)
 男子  キム・テウ(懲録)
 女子  ユジン(頼む、母さん)

作家賞  キム・イニョン(大人しくない女たち)

放送三社ドラマPDが選ぶ演技者賞  キム・ヘジャ(大人しくない女たち)

助演賞
 男子  キム・ギュチョル(懲録、商売の神-客主2015)
 男子  パク・ポゴム(お前を覚えている)
 女子  キム・ソヒョン(アッセンブリ)
 女子  オム・ヒョンギョン(青い鳥の家、すべてうまく行くさ)

新人演技賞
 男子  ヨ・ジング(オレンジ・ママレード)
 女子  チェ・スビン(青い鳥の家、ぶしつけに孤高)
 女子  キム・ソヒョン(フー・アー・ユー 学校2015)

青少年演技賞
 男子  チェ・グォンス(ドラマ・スペシャル「その兄弟の夏」)
 女子  キム・ヒャンギ(雪道)

連作・単幕劇賞
 男子  ポン・テギュ(ドラマ・スペシャル「鷺梁津駅には汽車が止まらない」)
 女子  キム・ヨンオク(雪道)
 女子  イ・ハナ(ニセモノ家族)

ベスト・カップル賞
 ユク・ソンジェ + キム・ソヒョン(フー・アー・ユー 学校2015)
 ソ・ジソプ + シン・ミナ(オー・マイ・ビーナス)
 チャン・ヒョク + ハン・チェア(商売の神-客主2015)
 キム・スヒョン + コン・ヒョジン + チャ・テヒョン(プロデューサー)

人気賞
 男子  パク・ポゴム(お前を覚えている)
 男子  ナム・ジュヒョク(フー・アー・ユー 学校2015)
 女子  ソル・ヒョン(フー・アー・ユー 学校2015)
 女子  チョ・ボア(頼む、母さん)

ネッティズン賞
 男子  キム・スヒョン(プロデューサー)
 女子  キム・ソヒョン(フー・アー・ユー 学校2015)

posted by rekishinootoshimono at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015 SAF(SBS)演技大賞


2015SBS演技大賞-112月31日夜、ソウル市サムソン洞COEXで開催され、生放送された。
総合司会は、お馴染みのユ・ジュンサンとイ・フィジェに新顔のイム・ジヨンが加わった。
今回は、特別MCとしてイ・ドックワが授賞式の冒頭に登場し、SBS創立の節目の年を祝うスピーチを行った。この後、功労賞に選ばれた彼は、ドラマ出演しているKBSの授賞式には行かず、最後まで残って場を飾った。
新人スターたちによる特別公演が今年も式場の雰囲気を盛り上げるのに成功した。年末のイベントとして光の感じられる大会であった。
大賞を射止めたのは、「ヨンパリ医師」のチュ・ウォンであった。KBSの「製パン王キム・タック」で電撃的にデビューして以来、次々とドラマ出演で成功を収め、短い期間で大賞の栄光にたどり着いた。
歴史ドラマ「六龍が飛び立つ」から名演技で二人の役者が注目を集めた。一人は、剣豪イ・バンジを演じたピョン・ヨハン。以前「未生」に出演して脚光を浴びた。今回、ニュースター賞と優秀演技賞を獲得している。もう一人は、双子の兄弟のキル・テミとキル・ソンミの二役を演じたパク・ヒョックォン。特にバサラの剣豪キル・テミは当たり役であった。特別演技賞を獲得した。

受賞者と受賞作品

大賞  チュ・ウォン(ヨンパリ医師)

最優秀演技賞
長編ドラマ
 男子  ユ・アイン(六龍が飛び立つ)
 女子  キム・ヒョンジュ(愛人います)
中編ドラマ
 男子  チョ・ジェヒョン(パンチ)、 ユ・ジュンサン(噂で聞いた)
 女子  チェ・ミョンギル(パンチ)
ミニシリーズ
 男子  パク・ユチョン(匂いを見る少女)
 女子  キム・テヒ(ヨンパリ医師)

優秀演技賞
2015SBS演技大賞-2
長編ドラマ
 男子  ピョン・ヨハン(六龍が飛び立つ)
 女子  シン・セギョン(六龍が飛び立つ)
中編ドラマ
 男子  チュ・ジフン(仮面)
 女子  コ・アソン(噂で聞いた)
ミニシリーズ
 男子  パク・ヒョンシク(上流社会)
 女子  ムン・グニョン(村-アチアラの秘密)

プロデューサー賞(放送3社ドラマPDが選ぶ演技者賞)  キム・ネウォン(パンチ)

功労賞  イ・ドックワ

特別演技賞
毎日連続劇
 男子  イ・ハニ(お母さんは私の嫁)
 女子  チョン・ミソン(帰って来たファン・グムボク)
長編ドラマ
 男子  パク・ヒョックォン(六龍が飛び立つ)
 女子  パク・ハンビョル(愛人います)
中編ドラマ
 男子  チャン・ヒョンソン(噂で聞いた)
 女子  ユ・イニョン(仮面)
ミニシリーズ
 男子  ナムグン・ミン(匂いを見る少女)
 女子  イ・ダヒ(ミセス・コップ)

十大スター賞
 チュ・ウォン(ヨンパリ医師)
 キム・ヒョンジュ(愛人います)
 チュ・ジフン(仮面)
 キム・テヒ(ヨンパリ医師)
 ユ・アイン(六龍が飛び立つ)
 ムン・グニョン(村- アチアラの秘密)
 チョ・ジェヒョン(パンチ)
 シン・セギョン(匂いを見る少女、六龍が飛び立つ)
 チ・ジニ(愛人います)
 パク・ユチョン(匂いを見る少女)

ニュースター賞(新人賞)
 コン・スンヨン(噂で聞いた、六龍が飛び立つ)
 ピョン・ヨハン(六龍が飛び立つ)
 イ・ヨルム(村-アチアラの秘密、離婚弁護士は恋愛中)
 ユク・ソンジェ(村-アチアラの秘密)
 イ・エリヤ(帰って来たファン・グムボク)
 パク・ヒョンシク(上流社会)
 イム・ジヨン(上流社会)
 ユン・ギュンサン(六龍が飛び立つ、君を愛した時間)
 コ・アソン(噂で聞いた)
 ソン・ホジュン(ミセス・コップ)

ベスト・カップル賞
 チュ・ウォン + キム・テヒ(ヨンパリ医師)
 ユ・アイン + シン・セギョン(六龍が飛び立つ)
 チ・ジニ + キム・ヒョンジュ(愛人います)

ネッティズン人気賞  キム・ヒョンジュ(愛人います)

中国ネッティズン人気賞  チュ・ウォン(ヨンパリ医師)
posted by rekishinootoshimono at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする