2016年12月11日

第37回青龍映画賞


第37回青龍映画賞22016年11月25日夕刻、同映画賞の授賞式がキム・ヘスとユ・ジュンサンの総合司会の下、慶熙大学の平和の殿堂にて執り行われた。
対象期間中に上映された多くの映画の中から21編が最終候補作品として残った。その中でも最有力候補は、「釜山行き」、「お嬢さん」、「密偵」、「トンネル」、「インサイダーズ内部者たち」、「黒い司祭たち」、「阿修羅」、「東柱(トンジュ)」、「グッバイ・シングル」、「徳恵翁主」などで、中でもゾンビ映画の「釜山行き」が今回一千万人観客を動員した。
最優秀作品賞に選ばれたのは、「インサイダーズ内部者たち」であった。腐敗した政治家・権力者たちと彼らとつるんだ政治やくざたちの黒い駆け引き、それを追う検事らの姿を描いた作品で、今、韓国社会を揺るがしている大統領とその長年の友人による国政操作事件という現実が映画を超えたと話題になっている。この映画で主演男優賞を獲得したイ・ビョンホンは受賞スピーチの中で「絶望と抗議のロウソクの灯りがいつか希望の明りに変わるだろうと信じている」と結んでいる。
話題作の一つ「哭聲」に日本から出演した國村隼が助演男優賞と人気スター賞に選ばれた。
主演女優賞に選ばれた「お嬢さん」のキム・ミニは欠席し、代理受賞となった。

受賞者と受賞作品

最優秀作品賞  「インサイダーズ内部者たち」

第37回青龍映画賞1主演女優賞  キム・ミニ(お嬢さん)
主演男優賞  イ・ビョンホン(インサイダーズ内部者たち)

監督賞  ナ・ホンジン(哭聲)

助演女優賞  パク・ソダム(黒い司祭たち)
助演男優賞  國村隼(哭聲)

短編映画賞  イ・ジウォン(夏の夜)

シナリオ賞  シン・ヨンシク(東柱トンジュ)

美術賞  リュ・ソンヒ(お嬢さん)
音楽賞  チャン・ヨンギュ、タル・パラン(哭聲)
編集賞  キム・ソンミン(哭聲)
撮影・照明賞  イ・モゲ、イ・ソンファン(阿修羅)
技術賞  クワク・テヨン、ファン・ヒョギュン(「釜山行き」の特殊扮装)

新人監督賞  ユン・ガウン(私たち)

新人女優賞  キム・テリ(お嬢さん)
新人男優賞  パク・チョンミン(東柱トンジュ)

最多観客賞(一千万人観客動員)  「釜山行き」(ヨン・サンホ監督作品)

人気スター賞
  チョン・ウソン(阿修羅)、國村隼(哭聲)
  ペ・ドゥナ(トンネル)、ソン・イェジン(徳恵翁主)
posted by rekishinootoshimono at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック