2016年08月31日

月の恋人 歩歩惊心 - 麗


月の恋人 歩歩惊心-麗8月29日から始まったSBSの新作時代劇。原作は中国の小説「歩歩惊心」。原作の舞台は清国であるが、このドラマでは建国初期の高麗となっている。主人公は太祖王建の四男で4王子と言われた王昭(ワン・ソ)。後に第四代光宗となる。以前MBCで放送された「輝くか、狂うか」の主人公を再びSBSがイ・ジュンギを起用してドラマ化した。今回は太祖の25王子の中から八人の王子たちがそれぞれ個性的に取り上げられ、王位継承争いに焦点が当てられる。
物語の発端は、彼氏と女友達に裏切られた21世紀の女性コ・ハジンが水難救助のためプールに飛び込み、皆既日食の瞬間に高麗にタイムスリップする。太祖王建の息子たちが水浴びする場所に姿を現したコ・ハジンは、8王子の王旭(ワン・ウク)に解樹(ヘ・ス)と呼ばれて彼の屋敷に連れていかれる。そこでコ・ハジンは、ヘ・スの六親等の従姉・解氏夫人に迎えられる。その後、ヘ・スとなったコ・ハジンは、高麗王子たちとの交流を通して、王権をめぐる熾烈な高麗王室内の権力争いや宮中の暗闘に巻き込まれていく。やがて4王子、王昭との誤解が理解へと変わり、恋心が芽生える。

「歩歩惊心」とは

「一歩一歩注意深く歩く」という意味。
「麗」は高麗のこと。

演出  キム・ギュテ
脚本  チョ・ユニョン

配役

イ・ジュンギ  4王子王昭(ワン・ソ)(後の第四代光宗)(狼との別名がつく高麗太祖王建の四男で、過去の経緯から冷酷を装い、冷たい仮面の中に真の自分を隠して生きていくが、ヘ・スとの出会いで閉ざした心を開き、仮面を脱いで高麗の第四代王に成長する)

ア・イユ(イ・ジウン)  21世紀の女性コ・ハジン (皆既日食の最中、タイムスリップして高麗女性ヘ・スに乗り移る。高麗初期の歴史的事件の渦中に巻き込まれて苦悩するが、自身の運命を切り開いていく)

カン・ハヌル  8王子王旭(ワン・ウク) (兄弟王子たちの中で一番思慮深く、慎重な人物。解氏夫人の夫で、ヘ・スの義兄に当たる。次第にヘ・スに惹かれていく)

ホン・ジョンヒョン  3王子王堯(ワン・ヨ) (後の第三代定宗。王昭の実兄。異腹兄の太子武を暗殺してでも王位に就こうと執着する。母親の王妃劉氏から王位に上ることを期待されている。希望通りに王になるが、在位数年で死去し、弟の王昭に王位を譲る)

チョ・ミンギ  高麗太祖王建

パク・チミョン  王建の第三王妃劉氏 (王昭と王堯の実母。自分の息子が高麗王になることにこだわり続ける)

ソン・ドンイル  パク・スギョン(太祖と共に高麗を建てた開国功臣で大将軍)

パク・チョンハク  ワン・シンニョム(王建の従弟で開国功臣の一人。平壌を地盤に持つ大豪族として王位継承問題に発言権を持つ人物。王昭の王位継承を支持するが、何かと干渉をする。そのため、王昭に排除されようとするが、天命を全うする)

キム・ガンイル  シンジュ・カン氏(王昭の養父)

カン・ハンナ  皇甫ヨナ(後の光宗夫人である大穆王后皇甫氏。太祖王建と王妃皇甫氏の娘。光宗とは異母兄妹の間柄で、8王子王旭の実姉)

パク・シウン  解氏夫人(ヘ・スの六親等の従姉で、王旭の妻)

チ・ヘラン  パク・スンドク(パク・スギョンの娘)

チン・ギジュ  チェリョン(ヘ・スの友であり侍女)

ソ・ヒョン  妓生ウヒ(後百済の最後の姫君)

チェ・ビョンモ  パク・ヨンギュ(後百済王キョン・フォンの娘婿であったが、高麗の建国に協力し、重臣に登用される。太祖と定宗に娘を娶らせる。定宗の王位継承を支援する)

キム・ソンギュン  チェ・ジモン(天の気を知る唯一の人物。天文と占いに秀でた天才。彼の主になる者が高麗を支配する)

ナム・ジュヒョク  13王子王郁(ワン・ウク) (白牙とも呼ばれる。母親が新羅の王族)

ピョン・ベッキョン  10王子ワン・ウン(開国功臣ワン・ギュの外孫)

チ・ス  14王子王貞(ワン・ジョン)(王昭と王堯の実弟)

キム・サノ  王武(ワン・ム) (正胤=王太子で、後の二代恵宗。即位後間もなく死去する)

ユン・ソヌ  9王子王垣(ワン・ウォン) (開国功臣ユ・グムピルの外孫)
posted by rekishinootoshimono at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441499452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック