2016年05月17日

魔女宝鑑


魔女宝鑑JTBCが5月13日に放送を開始した16回連続の歴史ドラマ。
時代は、MBCの「獄中花」とほぼ同じ頃の16世紀中期、中宗と悪名高い文定王后の間に生まれ、母親の越権行為に生涯苦しめられた第13代明宗の治世下である。王の唯一の嫡子である順懐世子(スネセジャ)は、生まれて12年後に夭折し、直系の世継ぎがいなくなった。明宗の後を継いだのは、中宗の九男の三番目の息子である河城君で、後の第14代宣祖であった。ここに朝鮮王朝傍系王統の時代が始まった。

ドラマの中では、順懐世子に双子の姉がいたという設定で、呪いをかけられたその王女は、生きていると弟の方が死ぬことになるとして、生まれてすぐに焼き殺された。しかし、王女は密かに王命により生かされていて、奥深い山中の一軒家で成長していた。彼女と同じ頃に、後に名医となる許浚(ホ・ジュン)も生まれていた。二人は山中で出会い、恋に落ち、成長していく。ヨニと名付けられた王女が呪詛封じの家から一歩外に出た途端、双子の弟の世子が王宮で病死した。黒巫女と文定太后は、王女の生存を確信する。彼女にかけられた呪いの発端は黒巫女と文定太后の企みによるものであった。第一話でその話が挿入される。呪いをかけたのは、星宿庁(ソンスチョン)に所属していた巫女であった。秘密を守るために黒巫女と文定太后に殺される彼女は、王女と世子が自分の子供であること知らぬまま、二人に呪いをかけて絶命した。

後に許浚は王室の御医となり、東洋医学の集大成「東医宝鑑」を著す。ドラマのタイトル「魔女宝鑑」は彼の書名を模倣したパロディである。青年許浚を演じるのは、最近軍を除隊したばかりのユン・シユンである。「製パン王キム・タック」に主演した。

ヒロインの王女、ヨニを演じるのは、キム・セロン。2010年に映画「おじさん」に子役として出演し、脚光を浴びた。その後も映画「トヒよ」で屈折した女の子を好演し、数々の映画賞で新人女優賞を獲得して女優の地位を確立した。

星宿庁(ソンスチョン)と昭格署(ソギョクソ)

昭格署  道教の影響を受けて天と星に向かって祭事を行っていた朝鮮王朝の官庁である。太祖元年の1392年、昭格殿と称された。その後、世祖12年の1467年に昭格署と改称された。中宗13年の1518年、趙光祖(チョ・グワンジョ)を筆頭にした儒教勢力の士林派の強い要求で廃止されたが、士林派が失脚した翌年の1520年に再び設置された。その後、宣祖の時代に豊臣秀吉軍の侵攻の渦中に祭事が排され、それを機に完全に廃止された。

星宿庁  朝鮮時代前期、国の巫女である国巫を置き、国家と王室の安寧と幸運を祈り、災厄を退けるための祈祷儀式を担当した国家の公式機構であった。星宿は星座の意味で、道教からその名称を借用したと思われる。後に昭格署と同様に国家機関から除かれた。

両方とも王室が設置した特別な組織である。儒教を国家の基本理念とした朝鮮王朝に、本来ならあってはならない機関であった。しかし、王朝前期にはまだ儒教の政治勢力が確立していなかったので、特に国王周辺の女性たちは仏教や迷信を信じ、僧侶の祈祷や巫女の占いに頼る傾向があった。文定王后もその例に漏れなかった。

演出  チョ・ヒョンタク
脚本  ヤン・ヒョンムン

出演

ユン・シユン  許浚(ホ・ジュン) (龍泉縣監ホ・ユンの庶子で、後に王室の内医院御医となり、名医としてその名を歴史に残す。庶子のため差別の中で成長する。心の中に怒りの炎を隠す熱血青年の願いは、母親を奴婢の身分から免賤してあげること。身分を隠す王女ヨニとの出会いと恋を経て大人へとさらに成長していく)

キム・セロン  王女ヨニ(魔女ソリ) (順懐世子の双子の姉であるが、呪いをかけられたため、世子の命を守るために焼き殺されそうになる。昭格署の長で、王に忠実なチェ・ヒョンソに助けられ、王命により密かに育てられる。チェ・ヒョンソを父親と思い込んでいる。呪い封じが破られた時、弟の世子は幼くして死に、彼女は呪いのために心が凍り付いた白髪の魔女に変身する。身を隠す山中で許浚と出会い、心を通わせる)

イ・ソンジェ  チェ・ヒョンソ(昭格署の長で、ブンヨンの父親。王の頼みで呪われた王女を密かに育てる。王女の呪いを解くための方法探しに奔走する)

ヨム・ジョンア  ホンジュ(星宿庁の大巫女で、黒巫女。チェ・ヒョンソとは対立する。王女の命を狙う)

クワク・シヤン  プンヨン(チェ・ヒョンソの長男で、内禁衛の従事官となる。ヨニを実の妹と思い込む。彼女を楽しませようと呪い封じの家から連れ出すや、呪いが一挙にヨニを襲う)

チャン・ヒジン  王妃沈氏(明宗の死後太妃沈氏) (石女のため黒妖術で世子と王女を産む。秘密を守るために二人の実母に剣を突き刺した張本人。黒巫女の力に頼る)

イ・ジフン  宣祖(後嗣のない明宗の養子となり、王位を継ぐ)

ヨ・フェヒョン  順懐世子(明宗の唯一の嫡子。ドラマの中ではヨニの双子の弟。12歳で死去する)

イ・イギョン  ヨグワン(昭格署の道士で、チェ・ヒョンソの部下の一人。王女で魔女のヨニを護衛する武士)

チョ・ダルファン  ホ・オク(ホ・ユンと正室孫氏の長男。許浚の異母兄)

チョン・ミソン  孫氏(ホ・ユンの正室夫人)

キム・ヒジョン  金氏(奴婢出身の許浚の生母)

特別出演

キム・ヨンエ  太妃尹氏(文定王后尹氏) (中宗の第三王妃で、明宗の生母。歴代王妃の中で一番の野心家で、息子の王を支配した。諦めた明宗も朝廷の官僚たちも彼女の死ぬのを待つしかなかった)

チョン・インソン  ヘラン(星宿庁で一番の巫女であったが、文定太后に命じられて王の寝所に送られる。受胎したが、黒巫女の妖術により胎児を王妃の体内に盗まれる。秘密保持のために殺害される。死ぬ間際に胎児たちに呪いをかける)

イ・ダウィツ  明宗(母親の文定太妃の死後、初めて国王として力を発揮し、善政を行った君主であった。母親が存在しなければ、在位期間を通じて名君になれたともいわれる。ドラマの中では、密かに娘の命を守る)
posted by rekishinootoshimono at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437960928
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック