2016年05月02日

獄中花


獄中花4月30日にMBCでスタートした新しい歴史ドラマ。「チャングム」を演出したイ・ビョンフン監督の最新作で、脚本は「ホ・ジュン」のチェ・ワンギュが書く。
イ・ビョンフン監督が今回選んだ舞台は、朝鮮時代の刑務所である典獄署(チョノクソ)。訳あってこの場所で生まれ、育てられたヒロイン、オンニョ(獄女)の数奇な運命と成長の物語である。
「女人天下」の主人公たちであった鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、文定王后(ムンジョン・ワンフ)、そして王妃の弟の尹元衡(ユン・ウォニョン)らによって翻弄された人生を歩む若者たちの強く賢明に生きていく姿を描く。

物語は1540年の中宗35年3月に始まる。チャングムでおなじみの国王中宗が没する5年前のことである。夜の暗闇の中を一組の男女が逃走し、謎の一団が命を狙って二人を追う。男は女の護衛武士で、女は臨月を迎えた身分の高そうな女性。刀傷を負った女は、逃げ込んだ典獄署内で女の子を産み、絶命する。15年後の明宗10年、赤子は15歳の典獄署の茶母(タモ)に成長する。監獄に収監されている学問の師たちから学んだ多くの知識の実用に才能を発揮した天才少女であった。他にも義賊のイム・コッチョン、風水家のチョン・ウチ、名妓の黄真伊、女医チャングムらと出会い、彼らの支援を受けて成長し、勝利していく。

オンニョの夢

自分を取り上げた産婆と出会い、当時のことを聞かされる。自身の過去と典獄署で自分を産んで亡くなった母親の真実が知りたくなり、捕盗庁(ポドチョン=現在の警察に当たる)の茶母(タモ=下女)になる夢を抱く。しかし、彼女の夢と運命は、パク・テス、ユン・テウォン、ソン・ジホンの三人の男との出会いでひっくり返る。結局は警官ではなく、弁護士の道を選ぶことになる。

外知部(ウェジブ)

代訟人のことで、朝鮮時代の弁護士に当たる職業。オンニョは、典獄署で身につけた法律の知識を駆使して貧しく、虐げられた人々のための人権制度ともいうべき外知部の制度を世に知らせようと奔走する。

演出: イ・ビョンフン、チェ・ジョンギュ
脚本: チェ・ワンギュ

配役

チン・セヨン オンニョ(監獄で生まれ、育った天才少女。自分の過去と母親の死の真相を知るために捕盗庁の茶母になろうとしたが、結局は庶民のための外知部(法律代理人)の道に進む)

チョン・ダビン  少女期のオンニョ(天才ぶりを発揮して典獄署のみんなから可愛がられ、信頼される)

コ・ス  ユン・テウォン(マポ、サムゲの渡し場で商権を掌握している漢陽商団とやくざ組織の首領。尹元衡の庶子。母親は漢陽妓房の妓生であった紅梅(ホンメ)。後にオンニョの外知部の仕事に協力し、世のために働く)

キム・ミスク  文定王后(中宗の三番目の王妃。貪欲と野心の塊。自分が産んだ明宗を王位に就かせるために手段を選ばなかった。息子が王になると、何かと国政に口出しし、越権行為で王をいじめる)

チョン・ジュノ  尹元衡(文定王妃の弟で、姉の権力により政治の実権を握る。姉に劣らず貪欲で、悪事の限りを尽くす。姉の死とともに没落するや極刑に処される)

パク・チュミ  鄭蘭貞(朝鮮時代の三大悪女の一人。妓生から尹元衡の妾になり、彼の正室を殺してその地位を奪う。尹元衡の没落と共に追われる身となり、投身自殺する)

チョン・ウンピョ  チ・チョンドゥク(中人出身の典獄署下級役人。自他ともに認めるオンニョの育ての親)

チェ・ミンチョル  チョン・デシク(典獄署の責任者である主簿。強い者には弱いが、弱い者には強くあたる典型的な人物)

イ・ヒド  コン・ジェミョン(商団の親方)

メン・サンフン  チョン・マッケ(鄭蘭貞の兄で、義弟の尹元衡の執事を務める)

アン・ヨジン  ユグム(典獄署の茶母。心が優しく、オンニョには母親代わりの存在)

イ・セチャン  チョン・ウチ(中宗・明宗時代最高の風水家で詐欺師。オンニョに風水と詐欺術を教える)

イム・ホ  カン・ソノ(捕盗庁の部将で、オンニョを諜報員に育てようとする。苦悩の末に尹元衡の下に入る)

キム・ミンギョン  キム尚宮(大妃殿提調尚宮。文定王后の最側近)

チェ・テジュン  ソン・ジホン(パク・テスの孫。数奇の運命を経て開城松房の都房であるソン・ファノクに拾われて、孤児の奴婢から両班に身分上昇し、科挙に合格して捕盗庁従事官に任命される。オンニョの運命に大きくかかわる人物)

特別出演

チョン・グワンニョル  パク・テス(士林派の巨木・趙光祖の弟子。20年以上も典獄署の秘密地下監房に収監されている。呼吸困難に陥った時、オンニョの手当てで死の危機を免れる。その後、オンニョに人生と学問について多くの教えを授けるメントになり、最も近い間柄になる)

チュ・ジンモ  土亭・李之函(トジョン・イ・ジハム) (囚人ではあるが、オンニョにとって最初の学問の師)

キム・ウンス  典獄署の前任主簿
posted by rekishinootoshimono at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437433908
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック