2015年01月11日

第33回全国女子駅伝競走大会


「三都物語」の女たちは意地をかけて都大路を走る。
第33回全国女子駅伝今回はそんな大会であった。駅伝版「三都物語」である。
特に第9区の最終区間は最後まで浪速女と京女が意地の張り合いを繰り広げた。そこへ両者が互いにエネルギーを使い果たすのを見計らっていたかのように兵庫と愛知がラストスパートをかけた。しかし、最後の余力を残していた大阪の松田選手が全力で京都の奥野選手を振り切り、三年ぶり三度目の優勝を浪速の郷にもたらした。兵庫の林田選手の健脚ぶりは驚くべきもので、たすきを受け継いだ時の1位との30秒差を2秒差にまで縮めて3位でゴールインし、震災から20年目を迎えるふるさと兵庫に力強いエールを送った。

1位から4位まで1秒差で順位が決まるという、手に汗を握るハラハラ続きの今大会となった。今後、駅伝で関西を代表する大阪と京都、兵庫の三つ巴合戦をいつまた見られるのか分からない。そんな確率の低い珍しい大会であった。

大阪優勝の底力となったのは、大阪薫英女学院の中高生選手たちであった。彼女たちは、今年の全国高校駅伝で優勝した勢いに乗じて、アンカーの松田選手にたすきをつないでいった。

第33回全国女子駅伝-2京都も全世代充実した戦力に恵まれ、昨年に続く優勝間違いなしとの前評判であったが、ゴール一歩手前で先に力を使い果たしてしまい、惜しくも連覇を逃した。

兵庫も厚い選手層を抱え、優勝候補の一角に挙げられていた。果たして前半は評判通りであったが、中盤の高校生たちが力尽きて順位を落としてしまった。その後を受けた8区の中学生走者田中が区間1位の成績で1位との差30秒にまで縮め、アンカーの林田にたすきをリレーした。
林田選手は淡々と走り続け、いつの間にか愛知の鈴木選手と共に前を走る大阪と京都に追いつける程の位置についていた。競技場に入った林田選手は、短距離走者のモードに切り替わり、愛知を振り切ったが、一歩手前で大阪と京都に及ばなかった。ここで「もしも」は無意味であるが、もし高校生たちがもう少し力を出しきっておれば、兵庫は優勝していたかも知れない。

大阪の初優勝は第11回大会で、この時も京都と接戦を繰り広げている。
都大路での関西三都女たちの熱戦が何かを示唆するかのように、波乱含みの2015年が本格的に動き出す。
posted by rekishinootoshimono at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412183940
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック