2014年12月08日

第51回大鐘賞映画祭


第51回大鐘賞映画祭1世紀の折り返し時点を迎えた今年の大鐘賞授賞式が11月21日、ソウル市ヨイドのKBSホールにて執り行われ、その様子をKBSテレビが実況中継した。総合司会を務めたのは、シン・ヒョンジュン、オム・ジョンファ、オ・マンソクの三人。この十年間に一千万人以上の観客を動員した映画が10編誕生しているが、そのうちの一編が今年の最優秀作品賞に選ばれた「鳴梁」(ミョンニャン)である。豊臣秀吉軍を撃破した李舜臣将軍率いる朝鮮水軍の鳴梁海戦を描いた作品である。主演の李舜臣将軍に扮したチェ・ミンシクが主演男優賞を獲得した。主演女優賞を射止めたのは、「海賊: 海に行った山賊」のソン・イェジン。
(写真左から「鳴梁」、「とことんまで行く」、「弁護人」)

受賞者と受賞作品

最優秀作品賞  「鳴梁」(ミョンニャン)

主演女優賞  ソン・イェジン(海賊: 海に行った山賊)

主演男優賞  チェ・ミンシク(鳴梁)

監督賞  キム・ソンフン(とことんまで行く)

シナリオ賞  ヤン・ウソクユン・ヒョノ(弁護人)

企画賞  「鳴梁」(1,700万人観客動員)

編集賞  シン・ミンギョン(神の一手)

撮影賞  キム・テソン(とことんまで行く)

照明賞  キム・ギョンソク(とことんまで行く)

助演女優賞  キム・ヨンエ(弁護人)

助演男優賞  ユ・ヘジン(海賊: 海に行った山賊)

映画発展功労賞  チョン・ジヌ監督

ハナ金融スター賞  イム・シワンキム・ウビンイ・ハニ

美術賞  チョ・ファソン(逆鱗)

衣装賞  チョ・サンギョン(群盗: 民乱の時代)

技術賞  ユン・デウォン(鳴梁)

音楽賞  モグ(怪しい彼女)

新人監督賞  ヤン・ウソク(弁護人)

新人女優賞  イム・ジヨン(人間中毒)

新人男優賞  パク・ユチョン(海霧)
posted by rekishinootoshimono at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410275505
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック