2013年11月03日

第50回大鐘賞映画祭


観相今回50周年を迎えた大鐘賞の授賞式が11月1日の夕刻、ヨイドのKBSホールで開催された。その様子は実況中継される予定であったが、日程が重なったプロ野球韓国シリーズに押されて、試合後に録画放送された。こんなことは初めてとのこと。

今回の総合司会を任されたのは、シン・ヒョウジュンとハ・ジウォン。二人の連発するアドリブは息がよく合っていたので、式典の進行にプラス効果をもたらしていた。特にハ・ジウォンの受け応えが光っていた。

総51編の出品作の中で最も注目を集めたのは、「七番房の贈り物」と「観相」であったが、最優秀作品賞に選ばれたのは、時代劇の「観相」であった。甥の端宗から王位を剥奪した首陽大君とその時代に生きた観相家の話である。主人公の観相家を演じたソン・ガンホが主演男優賞を獲得した。他にも監督賞、助演男優賞、衣装賞、人気賞などを受賞して六冠王に輝いた。「七番房の贈り物」は四冠王であった。

今回の映画発展功労賞に選ばれたファン・ジョンスンは、韓国映画の母親として長きにわたり一時代を築いた女優であった。授賞式の壇上に車いす姿で現れた彼女に対して、会場は一斉起立してもう一人の受賞者と共に称えた。ファン女史は壊れた人形のように「有難うございます」を痛ましく連発する人となっていた。

受賞者と作品

最優秀作品賞 観相(写真)

主演男優賞(共同受賞) ユ・スンニョン(七番房の贈り物)、ソン・ガンホ(観相)

主演女優賞 オム・ジョンファ(モンタージュ)

監督賞 ハン・ジェリム(観相)

審査委員特別賞 カル・ソウォン(七番房の贈り物)

シナリオ賞 イ・ファンギョン(七番房の贈り物)

企画賞 七番房の贈り物

撮影賞 チェ・ヨンファン(ベルリン)

編集賞 チェ・ミニョン、キム・チャンジュ(雪国列車)

照明賞 キム・ソングワン(ベルリン)

助演男優賞 チョ・ジョンソク(観相)

助演女優賞 チャン・ヨンナム(オオカミ少年)

映画発展功労賞 ファン・ジョンスン(50年以上の女優として韓国映画歴史に貢献)

        チョン・イルソン(撮影監督として約50年、多くの名作を世に送り出した)

ハナ金融グループ人気賞 イ・ジョンジェ(新世界、観相)

美術賞 アンドレ・ネックバシル(雪国列車)

衣装賞 シン・ヒョンソプ(観相)

技術賞 ソン・スンヒョン(タワー)

音楽賞 チョ・ヨンウク(新世界)

新人監督賞 チョン・ビョンギル(私が殺人犯だ)

新人男優賞 キム・スヒョン(密かに偉大に)

新人女優賞 ソ・ウナ(仕業)


posted by rekishinootoshimono at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392112366
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック