2010年12月03日

第31回青龍映画賞


第31回青龍映画賞2010年11月26日夕刻、ソウル国立劇場において、イ・ボムスとキム・ヘスの総合司会の下で第31回青龍映画賞の授賞式が執り行われ、KBSがその様子を実況中継した。「おじさん」、「苔」、「下女」、「義兄弟」などが最優秀作品賞候補に上り、今年度の映画作品の傾向が特徴づけられた。男優たちの華麗なアクション、原作のリメークなどの再構成が顕著であった。「おじさん」で主演した「ウォン・ビンの年」とも司会者は言及した。
先般の大鐘賞映画祭では「詩」が主要賞をさらったが、今回は「苔(こけ)」という作品にスポットライトが当てられていた。




受賞した人たちと作品

最優秀作品賞: 「義兄弟」(ソン・ガンホとカン・ドンウォン主演)(写真左下)
主演女優賞: 共同受賞 ユン・ジョンヒ(詩)、スエ(深夜のFM)(写真右上)
主演男優賞: チョン・ジェヨン(苔)(写真左上)
監督賞: カン・ウソク(苔)
韓国映画最多観客賞: 「おじさん」(観客動員数610万人)
脚本賞: キム・ヒョンソク(シラノ、恋愛操作団)
美術賞: イ・ハジュン(下女)
音楽賞: モグ(悪魔を見た)
新人監督賞: キム・グワンシク(私のやくざのような愛人)
助演女優賞: ユン・ヨジョン(下女)
助演男優賞: ユ・ヘジン(苔)
チョンジョンウォン人気スター賞: ウォン・ビン、チェ・スンヒョン、ソン・イェジン、チョ・ヨジョン
撮影賞: イ・モゲ(悪魔を見た)
技術賞: パク・チョンニュル(おじさん)
照明賞: オ・スンチョル(悪魔を見た)
チョンジョンウォン短編映画賞: 「お花さま」(チョン・ドンナク監督作品)
新人女優賞: イ・ミンジョン(シラノ、恋愛操作団)
新人男優賞: チェ・スンヒョン(砲火の中へ)(ボーカル・グループ「ビッグバン」のメンバー=写真右中)


posted by rekishinootoshimono at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392112316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック