2008年08月22日

オリンピックの解説者とアナウンサー


`オリンピック解説者オリンピックもいよいよ最終日を迎えようとしている。そのオリンピックをテレビ観戦していて、とても気になることがあった。

その一つは、解説者とアナウンサーの関係。
卓球の実況アナウンサーは何かと物議をかもしているようであるが、先日の個人戦を見ていて不愉快の極みに達したのは、彼の解説者に対する態度。解説者は卓球界の役員らしいが、彼の話し方は確かにかったるいところがある。何か話してもアナウンサー氏の相槌がない。解説者が解説らしいことを話し始めるや、無視するかのようにゲームの展開を一方的に追いかける。甲高い声で。それが一度や二度くらいなら仕方ないと思えるが、競技中ずっと相槌らしい言葉をアナウンサーから聞けなかった。何度か解説者が話しかけても、「そうですね」くらいの一言もなく、故意に無視するかのように無言。まるで相手がいないかのように。ついに解説者の言葉尻には、話す意欲をそがれ、もう何も話す気になれないという諦め感がにじみ出ていた。一生懸命知らせるという自分の職務を果たすのはよく分かるが、コミュニケーションを本職とするアナウンサーにしては、あまりにも相手とのコミュニケーションを軽視した態度。こんなやり取りを見せられた視聴者には、あまり気持ちのいいものではない。両者の和気藹々で丁々発止のやり取りを見たいものである。

もう一つは、解説者の言葉遣いや話し方。
陸上短距離競走を見ていて、解説者の話し方がとても耳障りに感じられた。時間が経つに連れてイライラの度合いが大きくなり、精神的なストレスとなった。その人はいつもそのような話し方をされているのだろうか。話すことの素人であっても、解説者に指名されたなら、話し方の勉強をされて、聞く者の共感を得られるよう最善の努力をすべきであろう。
posted by rekishinootoshimono at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック