2017年07月29日

王は愛する


王は愛する7月17日からMBCが放送する新作歴史ドラマ。高麗後期モンゴルの干渉期を時代背景に第26代忠宣王を主人公にしたヒュージョン・ロマンス時代劇。

あらすじ

王願(ワン・ウォン=後の忠宣王)は高麗の改革を夢見る世子で、父の忠烈王とその側近の宦官や名門貴族などの既得権勢力と対立する。高麗第一の富豪であり、王室につながるウン・ヨンベクの一人娘であるウン・サンを愛するようになるが、王族で最愛の友であるワン・リンが彼女と親しくなると、二人に対する愛情が背信感に変わり、次第にヤンデレ化していく。その後、自分が愛した女性に似ているとの理由で酒に酔った勢いで強姦した女性を自分の妃に迎え、二人の王子に恵まれるが、子供に対する愛情もなく、父王との葛藤の記憶から息子たちにも疑念を抱き、気に入らない長男の世子を平然と殺してしまう。

主人公のワン・ウォンをイム・シワン、ワン・リンをホン・ジョンヒョン、ウン・サンをユナが演じる。演出はキム・サンヒョプ、脚本は「大王四神記」や「ヒーラー」を書いた実力派のソン・ジナが原作となるキム・イリョンの同名小説をドラマ化した。

出演者たち

イム・シワン  王願(ワン・ウォン=後の第26代忠宣王。高麗初の混血王)

ホン・ジョンヒョン  ワン・リン(守司空ワン・ヨンの三男坊。剛直な品性と愛の情熱を持つ王族。孤独な世子ワン・ウオンの身辺を世話してきた心の友でもある)

ユナ  ウン・サン(高麗一の大富豪ウン・ヨンベクの一人娘。母親の落命事件以後、召使の身分を騙り、山奥の師匠の下で修業中である)

チョン・ボソク  忠烈王(ワン・ウォンの父王。息子を警戒する。高麗王で初めてモンゴル人の王妃を迎えた人物)

チャン・ヨンナム  王妃・元成公主(ワン・ウォンの生母で、クビライ皇帝の娘。高麗に初めて嫁いできたモンゴル人王妃)

キム・ホジン  ワン・ヨン(ワン・リンの父親で、高麗第一序列の王族・守司空)

イ・ギヨン  ウン・ヨンベク(ウン・サンの父親。高麗一の富豪で、高麗の財貨を管掌する有力商人。一人娘のサンを何よりも大事に思う)

キム・ビョンチュン  チェ・セヨン(王妃の宦官で、忠臣なのか奸臣なのか分からない人物)

キム・ジェウン  フラタイ(王妃の護衛武士。王妃に付いて元から高麗にやってきた。王妃の忠実な臣下)

オム・ヒョソプ  イ・スンヒュ(童顔居士と呼ばれる高麗の大学者であり、ウン・サンの師匠)

パク・チヒョン  ピヨン(ウン・サンとは姉妹のように育った侍女。サンを助けようとして顔に大きな傷を負い、サンの服を着て身代わりを務めている)

高麗とモンゴル帝国

武臣政権期、中国大陸では宋が滅亡し、モンゴル帝国のクビライが元を建国し、皇帝に就いた。クビライは高麗に七回にわたって侵攻し、武臣政権は反モンゴルを掲げて強硬に徹底抗戦した。その頃、武臣政権を倒し、王権を回復しようと考えた高麗国王は、モンゴル帝国に服従する道を選び、モンゴルの力を借りて武臣政権を倒すことに成功した。これを機に高麗に対するモンゴルの干渉と要求は、過酷なまでに増大した。国王に就いた忠烈王は、自国の負担を軽減してもらうために、モンゴル皇帝の娘婿になる選択をした。クビライの姫君が忠烈王に従って高麗に入り、王妃になった。二人の間に生まれた混血王子がワン・ウォンで、後に高麗初めての混血王忠宣王となる。この当時、日本でもそうであったが、他民族特に蛮族との混血は人々の蔑みの的となった。それが国王になる人物となれば、なおさらのことであった。高麗純血の国王擁立を企む勢力が忠烈王の周辺にはびこり、王と世子が仲違いするように仕組んだ。王と王子がお互いに不信感を抱き、警戒し合うという歪んだ親子関係といつも孤独であったことが後のワン・ウォンの人格形成に影響した。
忠烈王以降のモンゴルから王妃を迎え、モンゴルに服従した高麗王に対して、モンゴル皇帝は「忠」のつく諡号を与えた。忠烈王、忠宣王、忠粛王、忠恵王、忠穆王、忠定王と続いたが、反モンゴルを掲げた恭愍王からは、王妃がモンゴル皇室出身であっても、諡号に忠が付くことはなかった。モンゴル帝国が中国からモンゴルの平原に退却したからである。

忠宣王・王願(ワン・ウォン)(1275-1325)

忠烈王とクビライの娘との間に生まれた嫡出の王子で、クビライの外孫にあたる。父王と高麗女性の間に生まれた庶出の兄がいたが、三歳の時、その兄を差し置いてすでに世子に冊封されていた。彼の後ろには常に大国モンゴル帝国が控えていた。モンゴルの不興を買った忠烈王が王願への譲位を強制されたが、すぐに復位すると、王願は元に逃れた。父王の死去を受けて帰国し、再び王位に就いた王願は、高麗には長居せず、元に生活の場を移した。国王が留守の高麗では、王の帰国を請願する動きがあったが、王願は息子に譲位し、完全に元に永住した。晩年の王願は、元の政治に絡んで功績をあげる一方で、政敵の謀略によりチベットに流されたりした。配流を解かれた後、元に戻り、享年50歳で客死した。

王願は、モンゴル皇室の女性を王妃に迎えたが、その四年前から婚姻関係にあった高麗人の趙妃を寵愛していた。王妃は趙妃に嫉妬するあまり、謀略により趙妃を元に送ってしまう。その後の趙妃の行方は杳として知れずであった。記録も墓も不明である。

貢女と宦官

モンゴル帝国が高麗に要求したことから始まった人間献上品の制度である。王族や貴族の子女たちを対象に選抜された。彼らは中国宮中の給仕や侍女として働かされた。そんな中、才覚のある貢女は皇帝の目に留まり、後宮や妃嬪に取り立てられる場合もあった。奇皇后(キ・ファンフ)がその代表例である。男子の場合、宦官にされるが、皇帝の側近として権力を振るう者も現れた。だが、ほとんどは惨めな境遇のまま異郷で生涯を終えた。
高麗の王族や貴族たちは女の子が生まれると誰にも知られないように隠した。本ドラマのウン・サンも貢女に選抜されるのを避けて、侍女として育てられる。
皇帝側近の宦官になった男子の場合、大国にではなく、送り出した側の祖国に対して冷酷になる者もいた。
人間献上品の制度は、モンゴル帝国、明、清の時代まで続いた。
posted by rekishinootoshimono at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする