2017年02月02日

逆賊・百姓を盗んだ盗賊


逆賊・百姓を盗んだ盗賊1月30日からMBCでスタートした30話連続の歴史ドラマ。ホ・ギュンの代表小説「洪吉童伝」のモデルとなった実在の洪吉同(ホン・ギルトン)を実話に近い形で描いた作品である。小説の中でのように高級官僚の庶子ではなく、代々奴婢出身の父親の次男坊であった。幼少期から生まれながらの力士(力の強い人)であった。当時、子供の力士は「ちびっ子大将」と呼ばれたが、奴婢の子供の場合、その能力が見つかると、後日の災いになるとして主人によって葬り去られた。洪吉同の父親も息子の非凡な能力が人に知られないように隠し続けた。だが、事件が起きてしまい、洪吉同の家族を不幸が襲う。
実際の洪吉同は、15世紀の暴君・燕山君の時代に活動した盗賊団の首領であった。彼とその一味は、その盗賊活動が人々の心を慰労したため義賊とみなされるようになった。
ドラマの中の洪吉同は、小説のように縮地法や分身の術、乗雲法などの道教術を使用しないが、怪力の持ち主であった。
今回洪吉同を演じるのは、「六龍が飛び立つ」で若き日のムヒュルに扮してブレークしたユン・ギュンサン。父親のアムゲをキム・サンジュンが演じる。アムゲというのは、某(それがし)という意味で、所有主がふざけて付けた名前であった。
洪吉同の前に立ちはだかる稀代の暴君燕山君をキム・ジソク、国王の側室淑容張氏こと、チャン・ノクスをイ・ハニが演じる。チャン・ノクスは朝鮮時代の三大悪女の一人と呼ばれる人物。ドラマの中では、燕山君より前に洪吉同と出会っていたという設定になっている。

演出  キム・ジンマン、チン・チャンギュ
脚本  ファン・ジニョン

主要登場人物

キム・サンジュン  アムゲ(洪吉同の父親で、代々の奴婢として生まれ、育った。主人に対して表向き従順な奴婢を装っているが、いったん外に出れば、商売と駆け引きに長け、腕力に優れた親分格の実力者であった。彼の夢は、自分の家族が免賤になり、自由民になることであった。貪欲な主人のために彼の夢は木っ端微塵となる)

ユン・ギュンサン  洪吉同(燕山君時代に活躍した盗賊団の首領で、密貿易世界の顔役。朝鮮建国100年目に現れた力持ち。朝鮮王朝実録などの公文書にも記録が残っている程である。通説で父親とされる高官の洪尚直と母親の官妓玉英香について、一部の記録に洪吉同の生まれる100年前に亡くなったと記されていることから、二人を両親とする説に疑問が生じている。ドラマはこの事実を受けて、両親を奴婢出身者としている。年表によれば、洪吉同は燕山君より30歳ほど年長である。若造の国王を相手に戦ったことになる)

キム・ジソク  燕山君イ・ユン(朝鮮王朝第10代国王。詩人でもあり、音曲・舞踊を愛で、役者のようなことも行った、多才な人物。性悪説を心棒した稀代の殺人魔)

イ・ハニ  淑容張氏チャン・ノクス(燕山君に寵愛された後宮。娼妓から王の側室になった立志伝的人物)

チェ・スビン  カリョン(洪吉同の恋人)

シン・ウンジョン  クモク(洪吉同の母親。アムゲの心の拠り所であった。吉同の妹を産んだ後、急死する)
posted by rekishinootoshimono at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする