2016年03月24日

大撲(テバク)


大撲(テバク)SBSの「六龍が飛び立つ」の後続として、3月28日から始まる「ファクション」形式の歴史ドラマ。
タイトルの「テバク」は、今の若者たちが好んで多用している「大当たり」や「大ヒット」を意味する「テバク」とほぼ同じ言葉のようである。主人公の青年が強くなることを一大決心して旅立つ。その姿を見送る育ての親で賭博の師匠の老人がサイコロ二個を振って前途を占うと、二個とも最高の目である「大舶(テバク)」を示していた。師匠は「やっと進むべき道を当てたな」と大喜びする。タイトルはこのエピソードに由来している。

主人公のペク・テギルを演じるのは、3年ぶりの歴史ドラマ出演となるチャン・グンソク。 
テギルは「トンイ」でおなじみの国王粛宗(スクチョン)のご落胤。王子でありながら死んだように生きなければならない運命を背負わされるが、いかさま師となって父親と弟のヨンイン君(後の英祖)に対して一世一代の大勝負に出る。

演出 : ナム・ゴン
脚本 : クォン・スンギュ
全24話。

出演

チャン・グンソク = 白大吉(ペク・テギル)(粛宗の落胤で、悲運の王子。王の息子と名乗れずに日陰に生きることを余儀なくされるが、結局は父の粛宗と弟のヨンイン君に対して宿命的に対決することになる。悲劇の原因は、母が王の側室になって6ヶ月後に生まれたため、王の子ではないと思われたから)

ヨ・ジング = ヨンイン君(後の英祖)(父は粛宗で、母は女官付き下女出身の淑嬪崔氏<トンイ>。張嬉嬪の息子である景宗とその支持基盤である少論から絶えず圧力を受け、母親の卑しい身分に対するコンプレツクスに苦しむが、いずれ自分が国王になる運命であること、兄のテギルと一大勝負をしなければならないことをよく知っている)

イム・ジヨン = 淡序(タムソ)

チョン・グワンニョル = 李麟佐(イ・インジャ)(少論の中心人物で、景宗の最側近を務める。老論を抑えることで権力を掌握するが、景宗の死により没落する。老論派の英祖に対して謀反を起こし、刑死する)

チェ・ミンス = 粛宗(朝鮮王朝の第19代国王。幼くして王位に就いたが、歴代王の中でも王としての品格に恵まれ、治世に長けた国王であった。彼の 欠点は、愛する女性たちを政治に利用したことであった。それが悪縁を引き起こし、宮中に血の嵐が吹き荒れた)

ユン・ジンソ = チェ・ボクスン(後の淑嬪崔氏(トンイ))(卑しい身分の女官付き下女から王の母になる立志伝的人物。目先が利き、処世をよくしたので、身分の負い目を克服することが出来た。彼女の選択は老論であった)

ヒョン・ウ = 景宗(第20代国王)(粛宗と張嬉嬪の長男として生まれたが、元来病弱であった。父の命で母が薬死する姿を目撃し、衝撃を受け、さらに健康を害した。即位した後、数年で死去した。後嗣がなく、異母弟のヨンイン君が後を継いで、第21代英祖となる)

オ・ヨナ = 嬉嬪張氏(張嬉嬪) (粛宗が最も寵愛した女性であったが、南人派を代弁する存在であったため、政争の犠牲になった人物。夫である粛宗の命令で薬死する現場を息子に見られる)

ペク・スンヒョン = チャン・ヒジェ(張嬉嬪の実兄)

イ・ムンシク = ペク・マングム(チェ・ボクスンの夫。賭博に狂い、妻まで賭けて負けてしまう。相手は国王であった。王宮から密かに捨てられた元妻の子を自分の息子と思い、大吉=テギルと名付けて育てる)
posted by rekishinootoshimono at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする