2015年01月11日

第33回全国女子駅伝競走大会


「三都物語」の女たちは意地をかけて都大路を走る。
第33回全国女子駅伝今回はそんな大会であった。駅伝版「三都物語」である。
特に第9区の最終区間は最後まで浪速女と京女が意地の張り合いを繰り広げた。そこへ両者が互いにエネルギーを使い果たすのを見計らっていたかのように兵庫と愛知がラストスパートをかけた。しかし、最後の余力を残していた大阪の松田選手が全力で京都の奥野選手を振り切り、三年ぶり三度目の優勝を浪速の郷にもたらした。兵庫の林田選手の健脚ぶりは驚くべきもので、たすきを受け継いだ時の1位との30秒差を2秒差にまで縮めて3位でゴールインし、震災から20年目を迎えるふるさと兵庫に力強いエールを送った。

1位から4位まで1秒差で順位が決まるという、手に汗を握るハラハラ続きの今大会となった。今後、駅伝で関西を代表する大阪と京都、兵庫の三つ巴合戦をいつまた見られるのか分からない。そんな確率の低い珍しい大会であった。

大阪優勝の底力となったのは、大阪薫英女学院の中高生選手たちであった。彼女たちは、今年の全国高校駅伝で優勝した勢いに乗じて、アンカーの松田選手にたすきをつないでいった。

第33回全国女子駅伝-2京都も全世代充実した戦力に恵まれ、昨年に続く優勝間違いなしとの前評判であったが、ゴール一歩手前で先に力を使い果たしてしまい、惜しくも連覇を逃した。

兵庫も厚い選手層を抱え、優勝候補の一角に挙げられていた。果たして前半は評判通りであったが、中盤の高校生たちが力尽きて順位を落としてしまった。その後を受けた8区の中学生走者田中が区間1位の成績で1位との差30秒にまで縮め、アンカーの林田にたすきをリレーした。
林田選手は淡々と走り続け、いつの間にか愛知の鈴木選手と共に前を走る大阪と京都に追いつける程の位置についていた。競技場に入った林田選手は、短距離走者のモードに切り替わり、愛知を振り切ったが、一歩手前で大阪と京都に及ばなかった。ここで「もしも」は無意味であるが、もし高校生たちがもう少し力を出しきっておれば、兵庫は優勝していたかも知れない。

大阪の初優勝は第11回大会で、この時も京都と接戦を繰り広げている。
都大路での関西三都女たちの熱戦が何かを示唆するかのように、波乱含みの2015年が本格的に動き出す。
posted by rekishinootoshimono at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

2014 SBS演技大賞


2014SBS演技大賞12月31日、ソウル三成洞のCOEX Dホールにて行われた授賞式をSBSが実況中継した。
SBS演技大賞からSAF演技大賞と改められている。
総合司会は、昨年と同じイ・フィジェにパク・シネとパク・ソジュンが加わり、三人体制であった。例年授賞式に色を添えている祝賀公演は、今回も受賞者たちが中心になって本格的に歌を歌い、ダンスを披露した。KBS演技大賞の祝賀公演と同様に楽しみの一つである。
今年度のSBSを代表するドラマは、「星から来たあなた」であった。大賞と最優秀演技賞を獲得した主演のチョン・ジヒョンとキム・スヒョンは、十大スター賞、ベスト・カップル賞にも選ばれた。
11月16日、癌との闘病中に亡くなったキム・ジャオクの44年の長きにわたる演技人生を称えて、SBSも彼女に功労賞を贈った。長男のオ・ヨンファン氏が式場に現れ、代理受賞した。数々のドラマの中で名物母さんを演じてきた彼女の朗らかな姿は、もう過去のドラマの中でしかお目にかかれない。合掌。

受賞者と受賞作品

大賞  チョン・ジヒョン(星から来たあなた)

2014SBS演技大賞功労賞最優秀演技賞

長編ドラマ
男子  イ・ジェフン(秘密の門)
女子  ファン・ジョンウム(終わりなき愛)

中編ドラマ
男子  キム・スヒョン(星から来たあなた)
女子  パク・シネ(ピノキオ)

ミニシリーズ
男子  パク・ユチョン(スリーデイズ)
女子  コン・ヒョジン(大丈夫、愛だよ)

SBS特別賞  イ・ジョンソク(ドクター異邦人、ピノキオ)

優秀演技賞

長編ドラマ
男子  ソン・チャンイ(三度結婚する女)
女子  チェ・ジョンユン(チョンダムドン・スキャンダル)

中編ドラマ
男子  シン・ソンノク(星から来たあなた)
女子  ハン・イェスル(美女の誕生)

ミニシリーズ
男子  ソン・ドンイル(大丈夫、愛だよ)
女子  ソ・イヒョン(スリーデイズ)

特別演技賞

一幕特集劇
男子  イ・ドックワ(十月のある素敵な日に)
女子  オ・ヒョンギョン(母さんの選択)

長編ドラマ
男子  チョン・ウンイン(終わりなき愛)
女子  キム・ヘソン(チョンダムドン・スキャンダル)

中編ドラマ
男子  キム・チャンワン(星から来たあなた)
女子  コ・ドゥシム(温かい言葉一言)

ミニシリーズ
男子  イ・グワンス(大丈夫、愛だよ)
女子  チン・ギョン(大丈夫、愛だよ)

放送三社ドラマPDが選んだ演技者賞(プロデューサー賞)
チョン・ジヒョン(星から来たあなた)

功労賞  故キム・ジャオク

ニュースター賞
アン・ジェヒョン(星から来たあなた、お前たちは包囲された)
イ・ユビン(ピノキオ)
ソ・ハジュン(愛だけしようか)
ハン・ソナ(神の贈り物14日)
カン・ハヌル(エンゼルアイズ)
ナム・ボラ(愛だけしようか)
キム・ヨングワン(ピノキオ)
ハン・グル(温かい言葉一言)
パク・ソジュン(温かい言葉一言)
キム・ユジョン(秘密の門)

十大スター賞
パク・ユチョン(スリーデイズ)、チョン・ジヒョン(星から来たあなた)
チュ・サンウク(美女の誕生)、パク・シネ(ピノキオ)、キム・スヒョン(星から来たあなた)
ハン・イェスル(美女の誕生)、イ・ジェフン(秘密の門)、ファン・ジョンウム(終わりなき愛)
イ・ジョンソク(ピノキオ、ドクター異邦人)、チョ・インソン(大丈夫、愛だよ)

ネッティズン人気賞  キム・スヒョン(星から来たあなた)

ベスト・カップル賞
チョン・ジヒョン+ キム・スヒョン(星から来たあなた)
チュ・サンウク+ ハン・イェスル(美女の誕生)
イ・ジョンソク+ パク・シネ(ピノキオ)
チョ・インソン+ コン・ヒョジン(大丈夫、愛だよ)
posted by rekishinootoshimono at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014 KBS演技大賞


2014KBS演技大賞12月31日の夕刻、ソウル・ヨイドのKBS公開ホールにて授賞式が開催された。
総合司会は、今年度のドラマで活躍したキム・サンギョン、パク・ミニョン、ソ・イングクの三人であった。三人の息がよく合っていた。かつて世宗大王を演じたことのある、真面目なイメージのキム・サンギョンが結構コミカルなキャラクターであるのは、意外な発見であった。
今回の大賞に選ばれたのは、大河歴史ドラマ「鄭道伝」とホーム・ドラマ「家族同士なぜこうなの」のユ・ドングンであった。12年ぶり三度目の受賞となった。歴史ドラマ常連のチェ・スジョンと肩を並べた。彼の受賞スピーチは、謙虚で格調高いとの評であった。一時、ある放送局と喧嘩する程のすさんだ時期もあったが、欲や傲慢などから脱皮し、悟りの境地にたどり着いた感があった。「鄭道伝」で大賞の前評判が高かったチョ・ジェヒョンは、最優秀演技賞に選ばれた。KBSも故キム・ジャオクに功労賞を贈った。

受賞者と受賞作品

大賞  ユ・ドングン(鄭道伝、家族同士なぜこうなの)

2014KBS演技大賞功労賞最優秀演技賞
男子  チョ・ジェヒョン(鄭道伝)
女子  キム・ヒョンジュ(家族同士なぜこうなの)

作家賞
カン・ウンギョン(家族同士なぜこうなの)
チョン・ヒョンミン(鄭道伝)

優秀演技賞
毎日連続劇
男子  チェ・ジェソン(一途な心のたんぽぽ)
女子  シン・ソユル(甘い秘密)、チェ・ユニョン(猫はいる)

ミニシリーズ
男子  ムン・ジョンヒョク(恋愛の発見)
女子  チョン・ユミ(恋愛の発見)

中編ドラマ
男子  イ・ジュンギ(朝鮮のガンマン)
女子  ナム・サンミ(朝鮮のガンマン)、パク・ミニョン(ヒーラー=治療家)

長編ドラマ
男子  パク・ヨンギュ(鄭道伝)、キム・サンギョン(家族同士なぜこうなの)
女子  キム・ジホ(本当に良い時代)

放送三社ドラマPDが選んだ演技者賞  チョ・ジェヒョン(鄭道伝)

功労賞  故キム・ジャオク(夫のオ・スングン氏が代理受賞)

新人演技賞
男子  ソ・イングク(王の顔)、パク・ヒョンシク(家族同士なぜこうなの)
女子  キム・スルギ(恋愛の発見)、ナム・ジヒョン(家族同士なぜこうなの)

助演賞
男子  シン・ソンノク(王の顔、トロットの恋人)
女子  イ・チェヨン(かっこうの巣)、ハン・ウンジョン(ゴールデン・クロス、アイアンマン)

青少年演技賞
男子  クワク・トンヨン(感激時代)
女子  アン・ソヒョン(一途な心のタンポポ)、ホン・ファリ(本当に良い時代)

一幕劇賞
男子  チョ・ダルファン(ドラマ・スペシャル「醜い愛」)
女子  キム・ソヒョン(ドラマ・スペシャル「違う泣き方」)

ネッティズン(ネット・シチズン)賞
ムン・ジョンヒョク(恋愛の発見)、チョン・ユミ(恋愛の発見)

人気賞
男子  チュ・ウォン(明日もカンタビーレ)、チ・チャンウク(ヒーラー)
女子  イ・ダヒ(ビッグマン)、チョン・ウンジ(トロットの恋人)

ベスト・カップル賞
キム・サンギョン+ キム・ヒョンジュ(家族同士なぜこうなの)
イ・ジュンギ+ ナム・サンミ(朝鮮のガンマン)
ムン・ジョンヒョク+ チョン・ユミ(恋愛の発見)
パク・ヒョンシク+ ナム・ジヒョン(家族同士なぜこうなの)
チ・チャンウク+ パク・ミニョン(ヒーラー)
posted by rekishinootoshimono at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014 MBC演技大賞


2014MBC演技大賞12月30日夕刻、サンアムのMBC新社屋公開ホールにて授賞式が開催された。
今回の総合司会は、シン・ドンヨプとチェ・スヨンであった。チェ・スヨンはドラマ「私の生涯の春日」に出演し、授賞式のオープニングでも中心的にダンスを披露した。
今回の演技大賞の特徴は、大賞の選択を視聴者投票に100%委ねたこと。式の開始時点で審査員が選んだ三人の候補を発表し、締め切りまでに視聴者が携帯で投票した結果を集計して大賞を決定した。今回は「来た! チャン・ボリ」と「ママ」が競ったが、今年のドラマ賞に選ばれたのは「来た! チャン・ボリ」であった。視聴者投票で選ばれた大賞もチャン・ボリに軍配が上がり、約71万2000票中の過半数以上を獲得したイ・ユリに決まった。
2014年度のもう一つの特徴は、11月16日に急死したキム・ジャオクに功労賞が贈られたこと。これは、他のKBSとSBSの演技大賞でも同じことであった。三社一様のキム・ジャオクに対するオマージュであった。(合掌)

受賞者と受賞作品

大賞  イ・ユリ(来た! チャン・ボリ)(写真)

今年のドラマ賞  「来た! チャン・ボリ」

最優秀演技賞

ミニシリーズ
男子  チャン・ヒョク(運命のようにお前を愛す)
女子  チャン・ナラ(運命のようにお前を愛す、ミスター・バック)

2014MBC演技大賞功労賞特別企画
男子  チョン・イル(夜警日誌)
女子  ソン・ユナ(ママ)

連続劇
男子  キム・ジフン(来た! チャン・ボリ)
女子  オ・ヨンソ(来た! チャン・ボリ)

優秀演技賞

ミニシリーズ
男子  キム・サンジュン(改過遷善=悔い改める)
女子  チェ・スヨン(私の生涯の春日)

特別企画
男子  チェ・ジニョク(傲慢と偏見)
女子  ペク・チニ(トライアングル、傲慢と偏見)

連続劇
男子  イ・ジャンウ(バラ色の恋人たち)
女子  キム・ジヨン(みんなキムチ)

黄金演技賞
男子  アン・ネサン(来た! チャン・ボリ)、チェ・ミンス(傲慢と偏見)
女子  キム・ヘオク(来た! チャン・ボリ)、イ・ミスク(ミス・コリア、バラ色の恋人たち)

一幕演技賞  ピョン・ヒボン(私の人生の瘤)

放送三社ドラマPDが選んだ今年の演技者賞  イ・ユリ(来た! チャン・ボリ)

今年の作家賞  キム・スノク(来た! チャン・ボリ)、ユ・ユンギョン(ママ)

子役賞  キム・ジヨン(来た! チャン・ボリ)、ユン・チャニョン(ママ)

新人賞
男子  イム・シワン(トライアングル)、チェ・テジュン(母さんの庭園)
女子  コ・ソンヒ(ミス・コリア、夜警日誌)、ハン・ソナ(バラ色の恋人たち)

功労賞  故キム・ジャオク(写真下)(長男が来場し、代理受賞)

ベスト・カップル賞  チャン・ヒョク+ チャン・ナラ(運命のようにお前を愛す)

人気賞
シン・ハギュン(ミスター・バック)
チャン・ナラ(運命のようにお前を愛す、ミスター・バック)
posted by rekishinootoshimono at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする